「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
影で哂われてる可能性の確立
2008年 01月 26日 (土) 03:14 | 編集
なかなか時間が無い。

この前雪が降った。

東京で見る初めての雪。



家から

朝起きたら世界が少しだけ白かった。


雪の池袋

職場への道。


雪の新宿


雪で屋上部分が見えなかったり。








だんだん人を信じられなく成って来る。

全ての言葉・行動が嘘に思えてくる。



信じたいけど信じれない。




以前僕が嫌いな女に言われた言葉がずっと残ってる。


「でも、影で笑ってるかもしれないよ。」


悪意は彼女には無かったのかも知れないけど。


その時僕が思ったのは、この女に対しての嫌悪感。

何気なく出た言葉なのかも知れないけど。




僕は、ある事実を信じたかった。
そこで欲しかったのは現実の可能性じゃなく。

僕が信じてても大丈夫。
っという事への後押し。


それ以外は望んで居なかった。
別に僕が望む事をしてくれ。って訳では無いけど。

その彼女とは色々文章での会話をしばらくしていたんだ。
だから、その言葉を僕がどう受け取るかってのは多少は予測出来た筈だ。


でも、それを予測出していない無神経さへの嫌悪感。



尤ももう連絡は取ってもいない過去の話。




数時間の思考回路の停止。




システムオールグリーン。




どうぞ。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。