「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Time is running out
2007年 12月 06日 (木) 00:05 | 編集
この前不動産屋に行って。
取り合えず部屋を決めた。

それで、その決めた部屋じゃない物件を内見しに行ってる時に。
その不動産屋さんの人と軽く話してたんだけど。
そのまま何故かその不動産屋さんに就職?が決まった。
決めた物件の内見の帰りに履歴書買って、写真とって。
不動産屋さんで書いて提出。

まぁ、人が少ないらしく。
求人もしていたみたいで。
不動産屋さんがきっと冗談で不動産とかどうですか?
って言葉に僕が食いついていった感じ。


今のバイトは15日で辞めるんだけど、他の仕事見つかるかどうか不安だったし。
このまま今の続けようかなぁ…っとか思ってた所為も在って。
その話に食いついていった感じ。


でも、不動産とかには全く興味は無いんだよね。
興味ある仕事って何だろ…。

僕はどの仕事にも興味が無い気がする。
やってみたいのは、ニコニコの削除人とか、ネトゲのGMとか。
楽そうな仕事がいいけど。
あういう仕事って色々他の仕事もしてるだろうし、知識や資格も持ってる上での事(だと思う)だろうしさ。



僕は、所詮微妙な通信制高校卒業ってだけの資格しかない。
後は普通免許。

それ以外の資格とか何もないし。
何の知識も無い。


つまり。
社会に出ても何の役にも立たないんだよね。
コピーやシュレッダー・お茶汲みとかなら出来るけど。
そんなの誰でも出来る。


っというか、未だに精神年齢が実年齢と伴って無い。
別に精神年齢上げたいとも思ってないんだけど。


格好良さとか。
(自分の中で)たまに目指してみたりするけど。
やっぱりどうも上手くいなない。

可愛さとかは皆無だし。
無邪気さも全く無い。

ただ、精神年齢を自分で止めてそのまま今の年齢に成ってしまった。
そんな感じ。

考え方は、きっと去年よりはかなり変わってるだろうけど。
それは変わらざるを得なかったから。



時はあまりにも残酷だ。
時間が止まればいいとさえ思うよ...
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。