「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七夜月
2010年 07月 02日 (金) 05:37 | 編集
あぁ。
もう7月なのですね。

早い。早い。ものなのです。
とても。

あの頃の僕がつい先日の様な。
そんな気分なのです。
とても。


書きたい事が在っても。
中々このページを開く迄に至らないのです。

開いても、結局何も書けずにそのまま閉じてしまったり。
そんな日々。


生活リズムも6月からまたメチャクチャに成っているのです。
自堕落にも程が在るのですが。
いかんせん。

躯が言う事を聞かないのです。

眠剤数錠で無理矢理寝てしまう事は可能なのですが。
それだと結局起き上がれなくて。
元の木阿弥なのです。

グルグルぐるぐる。
昼に寝てたり、朝に寝てたり、夜に寝てたり。

この現代社会で生きてる人間としては最低の行為なのです。
誰かに言われる迄もなく。解っているのです。

しかしながら、結局何かやる事が無ければ。
起きるのも、寝るのもどうでも良いじゃないか・・・っとしか思えないのです。

進んでやりたい事じゃなくても。
明日も仕事だ、学校だ。そんな事でも日々のサイクルは決定付けられているのですが。

そういったモノが無い人間にはダメなのです。

勿論、これは僕の場合なのですが。
世の中にはキッチリとしたリズムで生活してる人も多く居るのです。


いまだ、眠りたくない。っと言ふ思いが消えません。
眠ると何かが在るって訳でも無いのに。
時間が勿体無いだなんて思ってる訳でも無いのに。

眠気で気分が悪くなって来て初めて寝るか・・・
っと思うのです。

或いは、眠気を感じて、ソファーに横に成ってる間に眠っていたり。

別に不眠な訳でも無いし。
悪夢を見て怖いなんて訳でも無いのです。

ただ、何故か眠りたくないっと言ふ思いが強いのです。

それも相まってこのグダグダな生活リズムなのでしょう。
寝る時間、寝てた時間、起きた時間。全てバラバラ。

これなら"まだ"安定した逆転生活の方が良いのかもしれません。



誰もが自分の好きになった人と上手くいく世界なんて在れば或いは楽しいのかもしれない。
運命の相手なんてモノが在ったとして最低でも30億分の1の確率で。

普通の人が一生に知り合える人の数は1000人位。

極々限られた世界の中で。
それでも運命と思える人と出会えたなら大事に出来ると良いよね。

自分の一方通行な想いだけではどうにも成らないのが難点だけれどさ。

誰もが幸せになれる世界なんて実現不可能で。
運良く幸せになれる人は一握り。

他人の芝生は青い。じゃないけれど。

上を見れば限りない上の人が居て。
下を見ると、見るに堪えない様な人も居て。

横を見ると、実は誰も居なくて。


なんだろうね。

僕を愛してくれる人はドコに居るんだろうか。

僕が生きてる間に出会えるんだろうか。

そして、僕はその人を好きになるのだろうか。


人間の人生なんて不確定な要素しか無くて。

明日生きてるのか死んでるのか。
誰にも約束なんて出来なくて。

だからなのか。
ずっと一緒だよ♪なんて言葉が凄く薄っぺらく思えてしまう。

その言葉を"言う人が"薄っぺらいって意味では無くて。

"この言葉"が薄っぺらく感じるんだ。

今は幸せな気分だとしても。
5分先には不幸のどん底に居るかもしれないし。


だから。

なんだろう。。

結婚とかしてる人は凄いなぁっと思うのです。

僕は僕と言ふ存在全てに自信が持てなくて。
僕の言ふ言葉も上辺だけで中身の無い、不確定で不明瞭なモノでしか無くて。

幸せにしてみせる。とか。
そういう言葉を言える人は素晴らしいなぁっと思うのです。
(いつも言ってるチャライ人間を除く)


だって。きっと僕は。
彼方と居れるなら僕が幸せに成る自信があります。
なんて何かのドラマの科白の様な事も思えないのです。

次の日に。
もっと自分好みの人が現れて好きだっと言って貰えたとしたら?
全く揺れない人間なんて極少数だと思うんだ。

だからといって浮気推奨って言ふ訳では無いのですけれども。

自分自身が分からない。
自分の本音が見出せない。

そういう人間は色々と難しい。


その言葉を言っても良いの?
言うのが正しいの?
言わないのが正しいの?

どっちだろう。
どっちだろう。

嗚呼、ほら、言った(言わない)方が良かったじゃないか。



空が明るく成って来ました。

日付が変わった頃から微かな眠気を感じながら。そのまま起きていて。
きっと、今日僕が眠くなるのはお昼前位なんだろう。。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。