「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Anxiety...
2009年 04月 20日 (月) 04:23 | 編集
なんか…。

パッっとしないというか。

心が晴れない。
ずっと分厚い雲が覆い被さっているような。
そんな感じ。


炬燵で寝ようが、ベッドで寝ようが。
2~4時間だろうが、12時間だろうが。
変わらない熟眠感の無さと。

激しい首筋と肩の痛み。
それと虚無な一日の始まり。

っと言っても、専ら起きるのはPM3時~4時頃なんだけれど。

眠るのが4時~6時or7時頃。
最低な時間帯。
正に逆転。

こんな現実を予見して居なかった訳では無かった。
だからこそ、今の現実を受け入れ難いのかもしれない。

まぁ、受入れ難いも糞も無いんだけれども…。


人間関係で悩まされるのはもう飽き飽きなんだ。
東京でソウイウニンゲンも居るんだ。って事を知らされたから。

勿論そうでないヒトにも沢山出会えた。
でも、あるニンゲンの方が印象に残りすぎてる。


だから…?
人と関わるのが以前以上に嫌なのかも知れない。

人にはそれぞれの生活が在って。
接点が無ければただの他人でしかない。
生きてようが死んでようが、所詮は他人だ。

ニュースに流れる違う国での死者と同じ。
それでは次のニュースです。って切り替わるだけ。

命の重さは皆平等に等しい訳では無い。

接点が無い人間の命は食べられる為に生み出される家畜と同じでしかない。

接点が在るから重く感じるんだ。
関わりがあるから大事だし、愛せるし、憎めるんだ。

それらが無ければ、唯の数字だ。

勿論、自分の目の前で人の生死を見れば別だけれどね。
自分の"目の前で"っていう接点が生じる訳だから。
そこで話は変わってくる。



んん。
何が書きたかったんだっけ…。


この前PIYOにちょっと書いたんだけれど、食後に気分が悪くなって以来。
また、モノを食べる事への恐怖心が宿りかけている。


僕はどうすればいいのかなぁ…。
車の運転にはミントのタブレットを常に口に入れて居ないと運転出来ない…。

少しずつ取り戻して居た、"普通の生活"が今ではすっかり過去の遺物に成り下がってしまった。

それとも、これが僕の普通でしかないのだろうか…

大抵の事ならレキ5mgで抑えられてたモノが、今では効いてるのか効いてないのか分からない。


どうすればいいのかを自問自答する事すら無くなってしまった。
かといって誰かに話すなんて事は僕はしないし、出来ないのだろう。
避けていながら話してみるだなんて虫のいい話はないし。
答えが見つかる訳でもないだろうし。

つまり、僕はヒドイニンゲンなんだ。
ああ。ヒドイもんだね。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。