「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Komm,süsser Tod
2007年 10月 20日 (土) 02:42 | 編集
Komm,süsser Tod


I know,I know I've let you down

I've been a fool to myself

I thought that I could

live for no one else

But now through all the hurt & pain

It's time for me to respect

the one you love mean more than anything

So with sadness in my heart

(I)feel the best thing I could do

is end it all

and leave forever

what's done is done it feels so bad

what once was happy now is sad

I'll never love again

my world is ending



I wish that I could turn back time

cos now the guilt is all mine

can't live without

the trust from those you love

I know we can't forget the past

you can't forget love & pride

because of that it's kill in me inside



It all returns to nothing,it all comes tumbling

down,tumbling down,tumbling down

It all returns to nothing,I just keep letting me

down,letting me down,letting me down

In my hert of hearts

I know that I called never love again



I've lost everything

everything

everything that matters to me,matters in this world



I wish that I could turn back time

cos now the guilt is all mine








最後に貴方に貰った曲がこれでした。


その時は、僕はまだ意味が全く分かって無かったんだよね…。





さっき漸く意味が分かったよ。
今更遅いんだけどさ…。


その時一緒に貰った日本語訳の歌詞を僕は見た筈なのに。
どうして、何も気付けなかったんだろうね…。
そのまんまの意味だったのに。
どうして、あの時気付けなかったのかな…?




昨日、また久しぶりにあの人が出てくる夢を見て。
相変わらず、僕は徹底無視されてた。

夢の中なのに。

僕は貴方に見える筈なのに、居ない様に無視されてた。
どんな内容の夢だったかはあまり覚えて居ないんだけどね…。


仕事から帰って、家に帰り着くと無性に死にたくなった。
シャワー浴びながら湧いてきた感情は。

どうして?って疑問と。
憎しみと怒りと悲しみ。
それと後悔。


余計に死にたくなって。
直ぐ髪を乾かしてタバコに火をつけた。


あの人がいれば僕は何も要らなかった。
きっとこんな風に思える人はもう二度と出来ないと思うんだ…。


その人の事も追々書いて行きたい。
前の日記では書く事出来なかったから。。




和訳。


甘き死よ、来たれ


不安なの。
不安なの。
みんなに嫌われるのが、怖い。
自分が傷つくのが、怖い。
でも、ヒトを傷つけるのが、もっと怖い。
でも、傷つけてしまう。
好きなヒトを傷つけてしまう。
だから、ヒトを好きにならない。
だから、自分を傷つけるの。

嫌いだから。
だいっキライだから。

好きになっては、いけないの。
だから、自分を傷つける。

優しさはとても残酷
心を委ねたら、私は壊れてしまう
心が触れ合えば、あの人は傷つく

だから、私は壊れるしかない
無へと還るしかない

無へと還ろう
無へと還ろう
それは、優しさに満ち満ちたところ
そこは、真実の痛みのないところ
心の揺らぎのないところ

無へと還ろう
無へと還ろう
他人のいない無へと還ろう
無へと還ろう
無へと還ろう
他人のいない無へと還ろう…

関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。