「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前向きの嘘
2008年 06月 19日 (木) 09:08 | 編集
思考や感情は何かしら形にしなければ
誰にも伝わらない


そういう内面を見せずに
くだらない当たり障りの無い日常や
莫迦げた事を書いてるだけでは

その表面部分しか読み取る事は出来ない


だから僕がどう思ってるかとか
どう感じてるか
だなんてことは


分かり得ない

それは仕方が無く
そして仕様が無い


人はどうしても見える部分からしか
推し量れない

見えない部分は全くの闇だから
それも仕様が無いことだ



僕は軽はずみな事は言いたくない


僕自身がそういった軽はずみの言葉で振り回されるのが嫌だから


社交辞令も時には必要かもしれない

でもそれを本気にする人も
中には居るんだ


建前と本音を誰がどうやって判断出来る
雰囲気やその状況で判断って言ったって
そんなの人それぞれ違う

自分が言った言葉が
本音で言ったのに社交辞令と捕らえられるのは不快だし
社交辞令を本気で捕らえられると面倒な事になる



僕はそういった読みが無いんだろう

だから
建前を本気に取ってしまう事が何度も在った


その度に莫迦を見るのはもう何だかね


本音が言えないから建前でやり過ごす位なら
最初から何も言わなければいい

建前を本気に取られて後で引き攣った顔で
慌てて訂正したりする位なら
最初から何も言うな

それは履き違えた優しさでしかない

っと僕は思う



何度もそういう事があれば

全てが建前にしか感じられなくなる

そうすると

人の言葉ももう中まで入って来る事も無くなる


それでももしかして

だなんて思うのは何なんだろね


学習しないのか

はたまた何か希望的観測を行ってるのか

どちらにせよ

それもまた滑稽な破目に遭うだけだ







だから僕はね

会いたいと思った人にしか
会ってみたいだなんてことは言わないし

話したくない人に
話したいだなんて言わないしし

話を聞きたくもない人に
話を聞くよだなんて言わないし

好きでもない人に
好きとは言わない



上に上げた項目に関しては
僕は建前は使わない
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。