「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優しい夜と冷たい夜
2008年 04月 29日 (火) 02:39 | 編集
また夜になった。

夜は暗い思考に行き着く。
考えの先全てが真っ暗な闇に誘われる。


ちょっとした理想を思い描いてみれば。
映し出されるのは破滅的なモノばかり。


僕は夜が好きだ。
それこそHNも"夜"な位に。

静かで穏やかで優しくて。
思考が纏まりやすい。


でも、まだ病院に行き始める前。
薬を飲む事が出来なくて身体的症状を自力で抑えるしか無かった時。

僕は毎日夜が来るのが怖かった。
昼間は吐き気と過呼吸に襲われてもまだ少しだけ安心出来る状態だった。


でも、夜にその症状が出るのが凄く怖かった。


夜は静かで穏やかで優しいけど。
静か過ぎて暗すぎて孤独すぎた。

別の部屋では親が寝ている。
別の家では誰かが寝ている。


でも寝ているから僕の声は届かない。

誰かが居なきゃ不安で仕方ないって訳じゃなかったけど。
その症状が出ている間は、寧ろ自分以外の他人が僕を不安にさせる原因だった。

あーいった姿は誰にも見せたくなかった。
見られたくなかったし、知られたくなかった。

だから一人でこっそり治まるまで耐えてた。


夜は寝れてしまえばやり過ごせた。
眠る事さえ出来れば、起きた時には夜が明けてる。


ただ一つ、途中で目覚める事さえ無ければ。







そういえば昨日から寝てないんだった。
だから思考が廻らないのか。

何が書きたかったのか分かんなくなってる。
関連記事
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。