「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨の糸。涙色。
2008年 11月 29日 (土) 14:37 | 編集
世界はどこに向けて動くのか。
日本はどこに向けて動いていくのか。

僕はどこに向けて動いているのか。


動きもせずに、殻の中に閉じこもる。
灰色の空は案外僕にお似合いなのかも知れない。


真っ青な空の方が好きなんだけどね。

今の僕には青は明るすぎる。
今みたいな灰色の空が丁度良い。


何も書くコトが無いや…。


どうしたいのか分からない。
特に言おうとする事もない。
言われる事もない。


気にしだすと未だに落ちていけてしまうから。
気にしないようにする。

それによる副作用は意外と甚大なのかもしれない。


でも、もういいや。って思ってるのかもね。
双方ともに。



寝ようかな。
躯がダルイ…。
スポンサーサイト
10月12日未明
2008年 11月 29日 (土) 00:31 | 編集
日常風景。

ベランダから空を見てると月が遠くに見える。

以前はもっと近くに見えてた気がするんだけど…

寒くなると空気が澄んでて気持ちがいい。
星や雲も綺麗に見える。

ただ、僕が子供の頃に比べると見える星の数が格段に減ってる。

こんな田舎でも、10年程度で随分変わるもんだ。

9時や10時でも、廻りは真っ暗。
明かりが全く点いてない訳じゃないけど、ベランダから眺めてると世界に一人に成った気分になる。

静かで、暗くて、寒い。
誰も居ない世界に独りきりになったような。
サンセット
2008年 11月 25日 (火) 15:39 | 編集
PIYOに書いたんだけど。

以前受けてた心理士の人と話して医者を決めようって思ってて。
今日漸く重い腰を上げてみたんだけど。

「**は退職しております。」
だって。

塞がってしまった。

元主治医はもう二度と受診したくないし。
例のクリニックの元主治医もゴメンだし。
良く分からない謎な病院は不安だし。

僕の住んでる市と近接した病院には神経科?が在るんだけど。
あそこは待ち時間長い上に数分診察な気がするし。
万が一遇いたくもない人間に遭遇する可能性が無いとも言い切れないし。
それ以上遠くになると。

行くのがね…。


ウチに軽が在るから車の運転の練習でもしてみようかなぁ…
っと思ってるんだけど、考えてると気分悪くなってしまうという。

やっぱ助手席がいいよね。
車興味無いんだよなぁ…。

車・バイク。
自分で運転したいとは思わないし。
カスタムとか今のところ微塵の興味も持てない。


切実に薬が無い。
1日1食に軽くが基本。
だから、食後にレキ1錠のみでなんとかやってるんだけど。

5mgだから、半分に割って、2・5mgにして飲んだりとか。
無駄な節約。

レボ5mgのストックなら結構在るんだけど。
身体ダルクなるからもう飲みたくないし、抗不安にはイマイチだし。
今の状態でレボ200mg位飲んでみたら1日寝てられそうだなぁ。

500mg+他色々飲んだ時に足に力入らなくてフラフラだったのは面白かった。
初めてベゲA飲んだ時も同じ感覚だったし。

あれを眠剤で毎日飲んでる人も居るんだよねぇ。
(入院させられてた時にオッサンが飲んでた。でも、その人アル中で入院してたんだけど…謎い)

入院してた病院は、老人系の科?もあって。
僕が居た閉鎖病棟にも2人ジイさんとバアさんが居たんだけど。

見てると悲しくなる位だった。

おジイさんは、家族が受け入れ拒否?してるみたいで。
結構長く居たみたい。

まだ生きてるのだろうか…。
あんな所で生涯を終えたくないだろうなぁ…。


人には寿命が在って。
早く死ぬ人もいれば長く生きる人もいる。
でも、絶対にイツかは死ぬんだ。

ボケたりする前に死にたいよね。
ボケた人には自我がないとは思わないけど。
自分でコントロール出来ない自我でしかない。

人間に寿命が無かったとしても、生きているといずれ癌で死ぬ。
っていうのを何かで見たんだけど、どうなんだろうね。




以下、政治・経済・特亜関連。
見ても良い事ないと思うよ。

そしてまた繰り返す。
2008年 11月 24日 (月) 03:34 | 編集
随分前に成るんだけど、ある方から。
お茶を頂きました。

日本茶ではなく、花茶


袋


袋②


中身

凄く高そうで恐縮でした。


以前に買ってたガラスポットが取って付近に皹が入った為に、無印で新しいのを購入。


ガラスポット

蓋が凸ってなってて、カップと同じ位の値段。
で、中に入ってる茶漉し的なモノが一番高いという結果。

以前はライトブラウンのコースターを使ってたんだけど、こっちに持って帰ってきた筈なのに無くなってて。
新しいコースターも購入。

リバーシブルで使えるブラック×グリーンのもの。


貴美人

で、始めに貴美人っていうのを飲んでみる事に。


貴美人①

お湯を注いでちょっとした頃。


貴美人②

満開。


貴美人③

上から見るとこんな感じで。


1杯目は、茉莉花の香りが広がって、味は薄め。
2杯目には、かなり濃いお茶になる。
3杯目には僕はチャレンジしなかった。

2杯飲むだけで900ml以上だから。
さすがにね…。



そして、この前飲んでみたのは。

彩鳳凰

彩鳳凰。
名前に惹かれてみた。


彩鳳凰①

貴美人も彩鳳凰も。
基本的に花茶はこういう形状。


彩鳳凰②

開きかけ。


彩鳳凰③

満開。

彩鳳凰は1杯目から結構濃い目の味だった。
香りは茉莉花。


花茶にはガラスポットは欠かせない。
見てて綺麗なんだよね。

台湾行って、台湾流にお茶を飲んでみたいなぁ~って思わせてくれる。

中華は、Featuring melamine されてそうだから嫌だけど。
全て、信頼出来るお店で全工程を自社でやってれば問題ないけどね。


後2種類あるから、それはまた飲んだ時にでも。







最近ベランダに出てタバコ吸ってると。
夕方なのか、夜明けなのかよく分からない。

僕のベッドに置かれてる時計は電池切れで見当違いな時刻を示す。
例えば今なら、4:31。
現在時刻は3:19。


ある朝の僕の視界。

6:33

写真だとあまり綺麗じゃないのが難点。

でも、この後僕は遮光カーテンでその景色を塞いだ。

今が何時だろうと。
何月だろうと、何日だろうと。
朝であろうが、夜であろうが。

そんな事もう僕には関係ない。


ただ、今現在僕は図らずも生きて居るようです。
Now Loading...
2008年 11月 24日 (月) 02:48 | 編集
そろそろ11月も終わりに近づいてますね。
今月の日記の少なさは何だかねー。

ごちゃごちゃした雑記になりそうだから。
追記で。


真夜中のトリップ
2008年 11月 18日 (火) 03:30 | 編集
全てがくだらなく感じる。
毎日が平淡な絵の様で。

他人の思考や思想が混入して来ない。

どうして生きているんだろうか…

死ねないから?
イツかのダレかのナニかに淡い期待をしてるから?

くだらないな…。

薬での思考切断をしないから。

考え出すと以前よりシンドイのかも知れない。

僕は盲目的に神なんて信じちゃいないし。

盲目的に薬に堕ちたくもない。

楽観主義者でも無ければ、他人の眼を気にしない訳でも無い。

この環境と状況に吐き気すら覚える。
Empty empty...
2008年 11月 18日 (火) 01:25 | 編集
空気が寒々としてきました。

もうすぐ小雪。


そんな寒さの中、さっきまでソファーの上で毛布に包まって眠っていた。
昨日も結構寝てた筈なんだけど…。

薬を飲んだ訳でも無いのに何故か眠くて、毛布に包まってたらイツの間にか…。


毎日?見に来てくれてる人には申し訳ないのですが。
日記を書く話題が無いのですよ。


本当に。


ちょっと思う事はあっても、それは僕が言うべきものじゃなかったり。
どうでも良い事だったり。
凄く下らない事だったりと。


携帯も放置だし。
メッセも人が居なければそのままサインアウトで終了。



現実的な問題としては。
レキが本当に残り少なくなってて、病院をどうしようか…

っという事だけ。


リアルで人間と関わる機会が全く無くなりました。

色々と酷くなる一方だ。


去年冬服なんて全く買えなかったし。
一度帰って来たときに、着ない服は全部捨ててしまった為。

冬服が無いっという事体。

どうでもいいんだけど、寒いね。


する事も、したい事も何も無い。
何も。何も。

Everything means nothing to me
Gnileef...
2008年 11月 12日 (水) 20:15 | 編集
例えば。

自分が気に入った人の存在って凄く大きいよね。


その人が居なくなると、その存在の分だけポッカリと穴が空くみたいに。

気に入るっていうのは、簡単な事じゃないと思うんだ。


色んな線に触れなければならない。
自分の中で満たさなきゃいけないモノを満たしているから。

それは、誰にでも当て嵌まるモノじゃないから。


だから、その存在の代わりなんてモノが出来ないのだろう。

代わりは出来ない。

けど。

別の人を気に入るって事は出来る筈なのだけどね。


でも、やっぱり、その特定の人の存在が腕を掴むんだろうね。


スキとかキライとか。
そういうのは理論的にはいかない。

相互の感性とか、きっとそういうモノが大部分を占めるんだろう。
AM6:00
2008年 11月 05日 (水) 15:33 | 編集
寒い…。

11月なんだねぇ。
1年が凄く早いな。

1日も以外と早い。
何にもしてないんだけどね。

何もやる気が起きない…。
ツマンナイ人生だよなぁ。
物欲も色欲ももう、どうでもいい。

そう思ってるのに。
僕の中の奥深くで"Please, Help me..."
だなんて呟いてる僕が居るのかもしれない。

そんな笑える状況。

くだらない。
Allegory...
2008年 11月 04日 (火) 21:03 | 編集
You are the sun and moon and stars are you,
and I could never run away from you.
You try at working out chaotic things,
and why should I believe myself not you?
It's like the world is going to end so soon,
and why should I believe myself?

You me and everything caught in the fire,
I can see me drowning, caught in the fire.
You me and everything caught in the fire,
and I can see me drowning, caught in the fire.


You/Radiohead

copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。