「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つめたいほし
2008年 04月 29日 (火) 21:24 | 編集
眠ったのは3時か4時位。
目が覚めたら携帯が布団の中に入ってる。

布団の中に入れた記憶は無いけどいつのまにか入り込んでる。


目が覚めたら14時半。


毎日落ち着かない。
さっさと帰れればいいんだけど。
金が無い事実。


いや、日払いの仕事でも探せばあるのは確かだ。
それをやらないのは。

やる気力が無いだけ。
つまり怠慢だ。


生きるのが面倒臭いな…。

死ぬのも面倒臭い。
死体の処理ってだるいよね。

肉体は精神の入れ物でしかない。
精神が無くなったら最早ただの肉の塊。
血が巡り循環し。
酸素を取り込んで二酸化炭素を排出する。

脈を打ってるのは生きてる証。
考える事が出来るのも死んでない証だ。




実家に電話しなきゃいけないんだけど。
何をどう話せばいいのかわかんない。
情けないな。
って分かってるならそうじゃない様にすればいいだけの話。
でも、それが出来ない。



目を閉じてると。
紫煙の香りが漂ってくる。
このまま死ねたら気持ち良さそうだ。
≫ "つめたいほし" more...
スポンサーサイト
優しい夜と冷たい夜
2008年 04月 29日 (火) 02:39 | 編集
また夜になった。

夜は暗い思考に行き着く。
考えの先全てが真っ暗な闇に誘われる。


ちょっとした理想を思い描いてみれば。
映し出されるのは破滅的なモノばかり。


僕は夜が好きだ。
それこそHNも"夜"な位に。

静かで穏やかで優しくて。
思考が纏まりやすい。


でも、まだ病院に行き始める前。
薬を飲む事が出来なくて身体的症状を自力で抑えるしか無かった時。

僕は毎日夜が来るのが怖かった。
昼間は吐き気と過呼吸に襲われてもまだ少しだけ安心出来る状態だった。


でも、夜にその症状が出るのが凄く怖かった。


夜は静かで穏やかで優しいけど。
静か過ぎて暗すぎて孤独すぎた。

別の部屋では親が寝ている。
別の家では誰かが寝ている。


でも寝ているから僕の声は届かない。

誰かが居なきゃ不安で仕方ないって訳じゃなかったけど。
その症状が出ている間は、寧ろ自分以外の他人が僕を不安にさせる原因だった。

あーいった姿は誰にも見せたくなかった。
見られたくなかったし、知られたくなかった。

だから一人でこっそり治まるまで耐えてた。


夜は寝れてしまえばやり過ごせた。
眠る事さえ出来れば、起きた時には夜が明けてる。


ただ一つ、途中で目覚める事さえ無ければ。







そういえば昨日から寝てないんだった。
だから思考が廻らないのか。

何が書きたかったのか分かんなくなってる。
そして繰り返す
2008年 04月 28日 (月) 05:20 | 編集
人を生きる支えにしてはいけない。

失った時に生きていく事が出来なくなるから。

それを知られた時に無駄な重荷に成ってしまうから。





何かしてないとナニカしてしまいそうで。
ちょっとだけ恐怖。


見なきゃいいのに過去に保存してあったモノを見たり。
その時はそのまま流し読みしてたモノが深くみえたり。





僕はなにも変わらない…
何も変わってない。

お前はいくつだよ…。


僕だけ何も変われてない。

変わろうとしないからか。
何の為って。
自分の為だろ。


自分の為だけなら。
死ぬ方が早い。


理由が必要だ。
その為に動く理由が。


好きなものは何?
好きな人は?
やりたい事は?
なしたい事は?
どうなりたい?
どうしたい?


何もない。

なにもない…。



人は誰の為に生きるかって。

自分の為だ。


じゃあ自分の為に何も思えないならどうすればいい?
ドコにナニにダレに見出せばいいんだ?




あぁ…なんだ。
数年前と同じじゃないか。

気持ち悪い思考ばっかり出てくる。
下らないことをここに書き出しそうになる。

今のも充分下らないことだけど。
それ以上の…
鋼鉄の朝
2008年 04月 28日 (月) 04:33 | 編集
色々と色々で泣きそう。
泣かないけど。

久しぶりの感覚。
死ぬこととかを考える。


東京来て一人で暮らして彼氏作って。
幸せに暮らすんだ。

っとかそんな平凡な事を描いてたのに。

その程度も出来なかった。



今、1ヶ月生活できるだけの金と仕事を与えられたとしても。
もう無理だ。

負の感情ってのはループすると思う。
はまると抜け出せない。

はまらない様に生きなきゃダメだ。
浅い負ならいいのかもしれないけど。


僕は何も頑張ってない。
どこが頑張ってるんだ?
なにを頑張ってるように見えるんだ?

ただただ逃げてるだけだろ。
全ての現実を否定して逃げてるだけだ。

何も変わってない。
もうずっと何も変わってない。

少しだけ普通で入れたのは抑えられる何かがあったからだ。
その何かがナニカなんて分からないけど。



ある人が死んだって知った時。
なんで死んだんだ。
死んでなんになるんだ…

って思った。


ある人が首を切ったって聞かされた時。
死んで欲しくない。
生きててくれて良かった…

そう思った。

同時に、僕は何も出来ない。
何にも成らない。

っとも思った。


後者の場合は僕の思いあがりでしか無いけど。
僕がどう思おうが意味のない事だし。


死んだ後の事は考えるべきじゃないのかもしれない。
残される方も辛いのは知ってる。

思い出だけが残るのは辛い。
僕はよく分かってるつもりだ。


死ぬ側が辛いのもよく分かる。
どうにも出来ない事や。
色んな感情がそうさせる。


親とかそういうのが居なければいい。
そしたら何も考えずに死ねるのに…。

きっとこういうのの延長線に心中とかがあるんだろうな。
迷惑掛けたくないからとか。
好きだからとか。

くだらない。




今どこか人目につかない所で死んでおけば。
腐乱するまで誰にも気付かれる事は無いかもしれない。
そしたら僕は失踪っという形で。
いつか発見される日まで死亡というケースを見せないで済むんじゃないだろうか…
っとか。


生きてるだけで迷惑かけて。
死んでからも迷惑かけるとか。
最悪だね。
タナトス
2008年 04月 27日 (日) 23:54 | 編集
色んなものから逃げ出してみようか。

全てから逃げ切ってみようか。




いつのまにかこっち側に戻ってきてしまった。

もう二度と精神科入院だなんて破目は御免だから。
全てから逃げようか。



自分の命は自分のもので。
誰かのモノでは無い筈なのに。


僕が以前入院させられる破目になったのは。
自分への自傷行為への恐れ。
とかいう下らない理由。



人と別れた後って凄く悲しくなる。
音楽と帰路のギャップが酷くて現実感が無くて。

ただオートで動いてるみたいな感覚になる。

マクロで動く人間。
この世界とかもそんな感じに思える。

人と深く関わらなければただ動いてる肉片でしかない。
関わればココロが見えてくるけど。

人間の一生で関われる人なんて極々一握りの人だけだ。

他は何もしらない。
誰でもない誰かっていう肉の塊。



前はもっと色々考えてた。
毎日毎日色んな事を考えてた。
ずっと続く思考のスパイラル。

でも、今は前見たいに色々考えられなくなった。
考えようとしても急に無気力になってどうでも良くなって。
逃避に逃げてる。


何かを考えてても途中終了してしまう。
考え抜く事が出来なくなった。


先が何も見えない。
真っ暗だ。



頭が回らない。
感情と思考が抜け落ちてる。


どうでもいい。
なんでもいい。

そういう風にしか思えない。



思いでも感情も全部捨て去って逃げればいい。
その方がずっとマシだ。



ダメだ…。
本当に何も考えられなくなってきてる…

大事だったものは何だったのか。
死ぬのを思いとどまった理由はなんだったのか。
なんで僕はいまここにいるのか。

なんだったんだろ。
あー…わかんない…
傍観
2008年 04月 25日 (金) 18:06 | 編集

つまんない記憶ほど 頭に蘇る

殺したい記憶ほど 頭を支配する

どこかで見たような風景 どこかで見たような夕景

鋭い 冷たい 視線 景色



僕になりすましている自分を  ゼロ というナイフで切り裂きたい



僕は知らない 僕は見えない 僕は汚い 僕は消えたい

君は知らない 僕は汚い 僕は見えない 僕は死にたい




僕は知らない 僕は見えない 僕は汚い 僕は消えたい




知らない 見えない 汚い 消えたい 知らない 見えない

凛として時雨

過去に観た情景
2008年 04月 23日 (水) 13:49 | 編集
やぁ、負け犬。
気分はどうだい?

最低の気分だよ。
あのまま続けておけば良かったのに。
あの時あんな言葉に流されなければ良かったのに…って後悔ばかりさ。

また『過去』に『if』かい?
つくづく学習しないんだな…お前は。

過去に戻ることは出来ないし、やり直す事も出来ない。
もしも、なんて事は無いしお前には有り得ない。
何度も言った筈だ。

そう、お前はもう脱落者でしか無い。
過ぎ去った過去をやり直す事も埋める事も出来やしない。
負け犬なんだよ。

耳を塞いで現実逃避でもしてればいい。
ただ。それでも時間は過ぎ去るし、過ぎ去った時間を戻す事も埋める事も出来ない。
その時間をどうするかはお前次第だ。

そんな事は分かってるさ。
ただ、僕はそこまで必死に成ってまで生きてたいだなんて思わない。

だったらそうやって逃避でも何でもしてればいい。
そうやってお前は過去に縛られ続けて何の成長も変化もせずに動けなくなってればいいさ。

全部忘れてしまえばいい。
ただそれだけの事なのにな。
忘れることがそんなに難しい事かい?

そうやって佇んでいても何も変わらない。変わらないんだ。

だから、もういい加減捨てっちまえよ……
Sombre dimanche...
2008年 04月 21日 (月) 03:26 | 編集
Les bras tout chargés de fleurs
Je suis entrée dans notre chambre le cœur las
Car je savais déjà que tu ne viendrais pas
Et j'ai chanté des mots d'amour et de douleur
Je suis restée toute seule et j'ai pleuré tout bas
En écoutant hurler la plainte des frimas ...

Sombre dimanche...

Je mourrai un dimanche où j'aurai trop souffert
Alors tu reviendras, mais je serai partie
Des cierges brûleront comme un ardent espoir
Et pour toi, sans effort, mes yeux seront ouverts
N'aie pas peur, mon amour, s'ils ne peuvent te voir
Ils te diront que je t'aimais plus que ma vie.

Sombre dimanche...
ダーマの神殿
2008年 04月 20日 (日) 20:40 | 編集
モチベが続かない。

なんというか。
結局親にまた借りる事に成った。
でも、あれだ。

家賃&携帯代・電気代・水道代の遅延分払ったら。
ご飯食べるお金なんて残らないっというか。
マイナスというか。


こんな迷惑掛けるだけなら。
もう実家帰った方がいいんじゃないかなぁ。
って思う。

っつーか帰った方がいいんだろな。
っというか帰るしか無いんじゃね?って。



こんな風になったのは自分の思考が浅はかだったからだろ。
良く言えば人を簡単に信じてしまった。
悪く言えばただのバカ。


髪型だとか服装だとか。
そんなのがある程度のラインまでいけてないと外出るのも嫌になる。


登録制のバイト登録したけどさ。
出勤前に電話して。それが自分のIDとか。
自分は何なんだって感じに思える。

ロボットかよ。っと。

面倒臭いっていうのもあるけど。
なんかそういうのが僕の中で凄く気に食わない。

まぁ、くだらない安っぽいプライドとかなんだろうけどさ。
どうにも許容できないな。やっぱ。


そして派遣も。
自分が働いた金をただ仕事斡旋してるだけの派遣先に搾取される覚えはない。
だからやっぱり派遣もやる気は起きない。

3ヵ月毎に契約更新とかも。

人を何だと思ってるんだ。って感じな訳で。

派遣のメリットって何かあるのかなぁ。
サイトとか見てるとあの大手で働ける。とかくだらない謳い文句載せてたけどさ。

所詮派遣でしかない訳だ。
紹介予定派遣とかならまた話は違うけどさ。


メリットって微妙に時給がいいだけで。
デメリットの方が多いと思うんだけどなぁ。



っとか言ってると働く所ない。
バイト系のサイト見てると派遣ばっか検索に引っ掛かる。
20件の1ページが全部同じところの派遣の奴だったのには呆れた。

派遣を除く。って検索方法導入して欲しい。



なんだかなぁ。
子供の頃僕はどんな人間をイメージしてたんだろ。
思い出せないのは将来なんてイメージしてなかったからなのかなぁ。


昔は服が好きだった筈だ。
デザイナーに成りたいって思ってた時もあった筈だ。


でも今はそんな風に思ってないって事は。
結局それ程思って無かったって事なのかな。

何か目標が在れば。
意外と何とか成るらいし。
それに向かっていけばいいから。

っというのをどこかの日記に誰かが言った言葉として書いてあった。




単純に今普通に働いてる自分をイメージ出来ない。
コンビニだとしてもレジとか無理そうだし。
飲食店のホールだとしても言われたのを覚えてられそうにない。

ダメな時は何考えてもダメなのかな。
だから出来なさそうって思い込んでるだけなのかな。



なんだろう。
僕はどう生きれば良かったのかな…。。
メビウス
2008年 04月 17日 (木) 03:23 | 編集
興味が無い…っというか。

人と関わりたくない。
この所ちょっとそんな感じ…

まぁ、メールも滅多にしないし、来ないし。
メッセなんてあれ以来殆どしてない。

したいと思う相手も居ない。
自分から積極的に人と関わろうって気持ちは全く持てなくなった。

全財産が3千円とか。
タバコ切れたとか。
お腹空いたとか。
携帯止まるとか。
電気止まるとか。
家賃払えないとか。

帰ろうにも帰れないとか。
そもそも親に電話する気になれないだとか。

もうどうにもなんない。

ネカフェ難民だとか。
実家あるなら帰ればいいじゃん…
ってニュース見てた時に思ってたんだけど。

その気持ち少し分かった。

帰るに帰れないよな。
凄く惨めな気分。

実家に帰りたいとは全く思わない。
でももう身動き取れなくなったこの状態ではどうにも出来ない。

バイト受かればこんな事態には成らなかったのにな…
社会的に必要のない人間なんだと思い知らされた。

特に難しい職に応募した訳でも無いのにね…

マジもう終わった。
くだらねぇ人生だな。

好きになっても相手も好きになってくれた事なんて無かったし。

悩んで悩んで苦しむ事ばっかだった。
関係を壊したく無くて。必死に縋って。

でも、結局それだけだ。

楽しかった事も嬉しかった事もあったけど。

悩んで泣いてる時の方が多かった。

縁がなかったとか、運命だとか。
そんなんだったら出会う縁すら端から要らない。

あー…考えがまとまんなく成ってきた。

僕がガキ過ぎるんだろな…。

実家帰ってももう地元には友達一人も居ない。

ただ時間を消化して生きてくだけなんてゴメンだ。

戻ったらもう進む事は出来ない。

誰かが居ないと頑張れない。
依存対象って訳じゃなく。
いや…依存なのかも知れないけど。
張り合ったり、憧れたり、愛だったり。
そういうのを通してみて初めて頑張ろう。努力しよう。って思うタイプだから。
でも、もうその誰かが出来る事なんて無い。

彼氏とか出来れば何か変わるかなって。
楽しい。って思える日々が。
過去を忘れられるかなって思ってたんだけど。
そんな出会いなんて無かったし、出会う時間すら取れなかった。

だから仕事変えて、家も借りて自分の時間をもっと取れる様にしたのに。

その果てがこれか…

結局全部無意味だった。
無意味に成った。

うまく行かない。
疑い深い方なんだけど、結局良いように騙されて多けだ。

騙される方がバカなんだからしょうがないけど。

なんだかなぁ…
こんな筈じゃなかったのに…って。
なんでこんな事に成ったんだ…なんて事を、僕は何度繰り返せば気が済むんだ。



気持ちを固定出来ない。
モチベーションを保てない。

現実逃避に走るしか出来ない。

誰も居ないと・何もないと、ここまで愚かに、そして惨めになるもんなんだな。。

夢とか目標とか。
貴方の為に、誰かの為に、何かの為にだとか。
またそんな何かが出来れば少し位生きたい。とか、生きてたいだとか思えるのかな…

僕を縛ってる鎖はあまりにも頑丈で。
僕をずっと縛り続けている。
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。