「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君の名前を呼ぶ時
2007年 12月 25日 (火) 18:09 | 編集
やっぱり、僕は生きてちゃダメなのかな…。

ねぇ、**…

頑張っても…
頑張ろうとしても無駄なのかな…

僕はどうしたら良かったんだろ…。

やっぱ詐欺っぽい。
人は信じるなって事なのかな…

悲劇ぶってんじゃねーよ。
自分の事は自己責任だろ。

人を巻き込むな。

まだ詐欺なのかどうかははっきり分かんないけど。

なんだろね。
自業自得なんだけど。

何か合ったら心の中でユウに頼ってんだよ。

**助けて…って。

何なんだろね。
本当何なんだ。

産まれて来なければ良かったのに……
スポンサーサイト
矛盾
2007年 12月 22日 (土) 21:41 | 編集
暗い部屋で一人 テレビはつけたまま

僕は震えている 何か始めようと

外は冷たい風 街は矛盾の雨

君は眠りの中 何の夢を見てる?

久しぶりにある人のページへ。。
もう3ヶ月過ぎました。

あの日のショックはまだ忘れられません。

死んでしまったら何も出来ない。
何にも成らない。

それでも、僕は生きてる限り死にたくなる。
生に興味がないから。

僕を除いて。
僕の知ってる他の人の死は受け入れがたい。
寧ろ受け入れたくない。

そう思いながら日常の中で。
他人に対して死ねばいいのに。
って平気で思ってる

なんなんだろうね。
この矛盾は。

死んで欲しくない。
死にたい。
死なないで。
死ねばいい。

命がある限りいつかは朽ち果てる。。

こんな夜は

逢いたくて

逢いたくて

逢いたくて

君に逢いたくて

君に逢いたくて

また明日を待ってる...
ただ...
2007年 12月 19日 (水) 22:54 | 編集
彼さえ居れば何も要らない
彼と二人で要られるなら

僕は何も要らなかった

真っ暗闇が支配する無音の世界でも

彼と一緒に居られるなら
僕は誰も何も要らなかった

あくまでも僕は

僕は彼では無いし
彼を支配する事もコントロールする事も出来ない

いや
出来なかった

彼は彼でしかなく
僕は僕でしかない

思えど想えど
それは独りよがりの自慰行為

空回り空回り
ただ虚しく空回るだけ

ただ彼が欲しかった

その重い想いは消える事なく今も僕の中で燻っている
オフライン
2007年 12月 16日 (日) 02:26 | 編集
今月末もしくは、来年初め位まで。
ネットが出来なくなります。

っといっても携帯から日記を書けたら書こうと思うから。
音信不通って事は無いけど…。

まぁ、以前の日記みたいに毎日更新とかじゃないから音信普通気味では在るけど。
ここを見てる人が皆無だし。
そんな時間に余裕がある訳でもないし。

義務的に日記を書くのも、読んで欲しかった人ももう居ないから。
時間に余裕が在った時とか。何か在った時とか。

そんな時に書きたい。


理想的には毎日書いてたいんだけどさ。
以前の日記読んでくれてた人に教えたいとも思うけど。



もう、向こうの日記上では僕は死んだ感じに成ってるだろうし。




僕は僕に関わってくれた人の事は忘れない。
って思ってたけど。


それは間違いだったみたい…。



この前一番長く使ってるメアドの過去メール見てたら。
忘れてた人を思い出した。



あるネットゲームで出合ったギルドの人。
その人から貰ったメール。

僕はその時絶対忘れない!って思ってた筈なのに。

この前までその存在すら忘れてた・・・。


その調子で、僕のダメな部分。
嫌な部分も全部忘れてくれればいいのに…。




19日にNTTの局内工事。
モデム到着がそれから10日前後。
早く見ても29日まではネット繋がりません。


もし誰かにコメントとか貰えても直ぐに返したり出来ないかもですが。

それ以降は早めに返事とか返せると思います。
(読んでる人が居ないのは知ってるけどね…)


明日ってか今日ですが。
一人暮らしに移ります。

お金無さ過ぎて死ねそうだけど。






お正月も一人でタバコ吸いながらよからぬ事を考えてそうな自分が眼に浮かぶけど。
まぁ、何とかなってしまうものでしょう…。

去年よりは、精神的に安定してる筈だし。


薬と病院はループして抜け出せなくなる気がする…。


days
2007年 12月 10日 (月) 01:28 | 編集
書くことがあまり無い。
忙しさの中に身を委ねるだけで。
殆ど何も感じず。
何も考えず。
何も考えようとせず。
ただ日々を消化していくだけ。


こうした書き出し方をしないと何も書けない訳だ。
本心っというか、僕の中の深い部分では。
きっと色々考えてるのかも知れない。
ただ、今の僕には"もう"僕の中の深い部分は僕には見えない。見られい。

データが蓄積されていっても、ケーブルが繋がって居なければデータを読む事も出来ない。
ただ、内臓データが蓄積されていく。
そんな感じでしかない。


全てにおいて。
時間が無い。
それは言い訳でしかないし。
また、僕が望む事ではない。

ただ、時間がありあまって暇を持て余すのよりは。
"幾分マシ"な思考を産む"筈"なんだ。僕には。

退屈を持て余していると、余計な思考に行き着く。
なんで生きてるんだ?
なんで死ななかったんだ?
何がしたいんだ?
それをして何になんだ?

そんな答えの無い迷路に行き着く。
その先は火を見るより明らかな事。

そんな自分にうんざりして。
余計に深く考え込む結果に成るだろうしね。


だからといって。
今がいいとは僕は思えない。

何も考えないっというのは危険な事だ。
以前までは、溜まったモノを多少なりとも放出出来ていたのに。
今はそれが出来ずに、唯々溜めていくのみで。

人間との関わりも、持てずにいる。
関わりを持てずにいるのは。
関わってしまうのが怖いから。
いや、関わる事自体は怖くは無いんだ。
でも、それを失ってしまう事が怖い。
Time is running out
2007年 12月 06日 (木) 00:05 | 編集
この前不動産屋に行って。
取り合えず部屋を決めた。

それで、その決めた部屋じゃない物件を内見しに行ってる時に。
その不動産屋さんの人と軽く話してたんだけど。
そのまま何故かその不動産屋さんに就職?が決まった。
決めた物件の内見の帰りに履歴書買って、写真とって。
不動産屋さんで書いて提出。

まぁ、人が少ないらしく。
求人もしていたみたいで。
不動産屋さんがきっと冗談で不動産とかどうですか?
って言葉に僕が食いついていった感じ。


今のバイトは15日で辞めるんだけど、他の仕事見つかるかどうか不安だったし。
このまま今の続けようかなぁ…っとか思ってた所為も在って。
その話に食いついていった感じ。


でも、不動産とかには全く興味は無いんだよね。
興味ある仕事って何だろ…。

僕はどの仕事にも興味が無い気がする。
やってみたいのは、ニコニコの削除人とか、ネトゲのGMとか。
楽そうな仕事がいいけど。
あういう仕事って色々他の仕事もしてるだろうし、知識や資格も持ってる上での事(だと思う)だろうしさ。



僕は、所詮微妙な通信制高校卒業ってだけの資格しかない。
後は普通免許。

それ以外の資格とか何もないし。
何の知識も無い。


つまり。
社会に出ても何の役にも立たないんだよね。
コピーやシュレッダー・お茶汲みとかなら出来るけど。
そんなの誰でも出来る。


っというか、未だに精神年齢が実年齢と伴って無い。
別に精神年齢上げたいとも思ってないんだけど。


格好良さとか。
(自分の中で)たまに目指してみたりするけど。
やっぱりどうも上手くいなない。

可愛さとかは皆無だし。
無邪気さも全く無い。

ただ、精神年齢を自分で止めてそのまま今の年齢に成ってしまった。
そんな感じ。

考え方は、きっと去年よりはかなり変わってるだろうけど。
それは変わらざるを得なかったから。



時はあまりにも残酷だ。
時間が止まればいいとさえ思うよ...
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。