「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
回転木馬
2007年 11月 30日 (金) 23:56 | 編集
自分が何をどうしたいのかが。
また分からなく成って来てる。

少し上を見てしまったからかもしれない。

下ばかり見ていれば良かったのに。
上を見上げて見てしまったのかもしれない。



仕事も。
出切るなら胸を張って人に言える仕事がいい。
やってて、楽しい。とまでは行かなくても。
せめて多少の遣り甲斐を感じる仕事内容がいい。

今みたいな、人に何してるんですか?
って言われて嫌な思いに成る様な仕事は嫌だ。

何の知識にも経験にも成らないものよりもさ。



ただ、僕の場合。
普通の仕事がきっと出来ない事だろう。
今以上の収入が確保出来て。
今以上自分の時間を確保出来て少し楽しんで出来る仕事がいい。


部屋を借りようかと思う。
でも一気に20万から30万近く飛ぶ。

僕の些細な貯金全てを当てても足りないだろうし。
足りる範囲で借りるとどうしても微妙な物件しかない。

次の仕事も見つかってない状況で部屋だけ借りるっていうのも…
僕にはあまり良く無い事だと思うし。


今のバイトをそのまま続けようか…っとか思ってしまう…
でも前述の通りなんだ。



福岡には帰りたくない。

帰ると十中八九ダメに成ってしまう。

色々考えてるといつもの死にたい気持ちになるけど。
僕は死ぬ為にこっちに来た訳じゃない。

去年だってそうだよ。
何か変わればって自分の周りの環境を変えてみた。

去年の結果は散々なものに成ってしまったけど。
今は違う。

少なくとも今現在は。


これから先の事なんて僕には凡そ見当はつかない。

貴方の為に生きるだとか。
貴方の為に死ぬだとか。

今はもう、そんな気持ちも無くなった。
ただ、この先もずっと今の気持ちのままで居られるか?って聞かれた時は返事は否だ。

先の事はわからないし。

僕が言う今現在の貴方と。
その時の貴方は違う人に成ってるかもしれない。

きっと、同じ事を僕は繰り返してしまうだろうしね…
スポンサーサイト
花茶
2007年 11月 27日 (火) 01:05 | 編集
花茶

見た目が綺麗な花茶。
僕はお茶が好き。
夏でも冬でもお茶を飲む。
夏は流石に、HOTは量減るけども。

子供の頃からジュースよりもお茶だったし。
お茶を飲むと多少の気分の悪さなら治まったりもするし。
リラックス効果がある。


花茶は中国茶の一部なんだけどね。
無印で売ってたから購入。


それに伴って、蓋付きのガラスのカップも態々購入。
色柄が入ってると中身が見えないし。
見た目を楽しみたいから。


花茶inカップ

でも、味はいまいち。っというか不味かった…。
匂いは結構いいんだけど。
ジャスミンはあんまり好きじゃないのかな…。

今度ちゃんとした中国茶屋で買ってみよう。
お湯の中で一寸ずつ花が咲いていくのは綺麗だよ。

もっとお花が咲くのが在るんだけど。
無印にはこれ位のしかなくて…。



あと、24日が誕生日だったから。
新宿の中村屋でディナー。



中村屋シーザーサラダ 中村屋カリーオムライス


シーザーサラダとカリーオムライス。
食後の紅茶。

\1575
1日分の食費だよね…。
まぁ、美味しかったからいいや。

給料日直後だし。


で、寒さが堪えるから服購入。
UNIVERSAL LANGUAGEのカットソー。


ユニバーサルランゲージカットソー


GAPのカーディガン。

GAPカーディガン


25%OFFだった。
安いよね。GAP。


モコモコしてなくて。
スッキリしてかつ暖かいダウンジャケットが欲しいなぁ…。
でも、もしいいのが在っても2~4万飛ぶのはきつ過ぎだなぁ…。


ヴィヴィアンのジャケットとか、ネックレスとか売ろうかなぁ…。
徒にキスを
2007年 11月 25日 (日) 14:20 | 編集
昨日の夢。

なんだか不思議な夢で。
僕が誰かにキスしまくってた。
僕がされてるんじゃなくて、してたから。

ちょっと謎。
欲求不満の表れなのかな…。


覚えてるのは。
星が見える建物。
狭い町の中。

海か。湖か。
水が近くにあった気がする。


僕がキスしてた相手の顔は全く覚えていない。
キスだけじゃなくて抱きついたりもしてた気がするけど…。



そんな2X年目の誕生日の朝。
今日も悲しくバイト。
今日も虚しい食べ物。
今日も微妙な服装。
毎日微妙な天気に。
いつも悪い僕の心模様。

生きてるのが苦痛だな。
生きるのが悩みの大本だ。

生きてりゃ楽しい事がある。って。
そりゃ、何十年も生きてれば些細な楽しみ程度は少なからず在るだろう。

でも、それが何になるんだ?

大事なのは"今"だ。
いつあるか。或いは無いのか。それすらも分からない"いつか"なんてモノで生き続ける事は出来ない。


っと。
こうしてると。
いつも同じ結末にしかたどり着かない。
僕のパターン化された思考回路。


ツマラナイナ...
不明瞭につき
2007年 11月 23日 (金) 21:13 | 編集
何も思い浮かばない。
何も考える事が出来ない。

何も考えたくない。

それが現状。

これから先なんて無ければいい。
世界の終幕はまだですか?



触れられないなら。
その存在を知らない事にしてしまえばいい。

触れられるなら。
触れる事を知らなかった事にしておけばいい。

触れられない苦しさも。
触れられる悲しみも。

どっちも抑える事が出来るだろう。
少なくとも表面上はさ…。
思考回路切断図
2007年 11月 22日 (木) 00:49 | 編集
子供に死にたいって言われた時の親の気持ちを考えてみたりね。
僕の親はどんな気持ちでそれを聞いていたんだろ…
っとか今更ながら思った。


でもね、どうにも成らない事もあるんだよ。
それは他人が聞けば言い訳にしか聞こえない事なんだろうけどね。


生きる意味を探す為に生きるだとか。
何かしら意味があるから生まれてきたんだ。とかさ。
そんな言葉は最早何にも成らないんだよ。

所謂気休めの一つにすらね。


生きてる事に意味のある人間は確かに居るだろう。この世の中には。
ただ、それ以上に多くの意味がない人間がいる。
(それは僕の主観的にみて思っただけだから、僕にとって意味がない人間っと思われた人にも意味はあるのかもしれないし。それは僕にはわからない。)



この所の日常で。
生活スタイルに大きな変化があって。
僕が以前までの僕を保つ事が出来なくなっている。

常にイライラしてストレス感じて。
心休まる時がない。
ストレスを発散する術も持たない。

ただただ蓄積されていく。
やがて僕には処理できない所まで行ってしまうのだろう…。

処理できないそれらが僕の中から溢れた時。
僕はどうなるんだろね。


案外、何にもおこらずにそのままかもしれない。


兎に角僕はもう疲れてしまったんだ。
今の仕事をただこなして、日々を消化してればいいのかもしれない。

"余計な事"を考えずに居られるから。
あの人の事とか先の事とか考えずに居られる。

でも、それじゃダメなんだ。

日に日に人間に対する興味や愛情が薄れていってる。
ただ機械的に日々を潰すだけ。
それに僕は堪えられないから。

"どうせ生きるしかないのなら"誰かと関わっていたいし、いきたい。
孤独な一人は嫌だから。


僕は今以て彼の事が好きで。
考えたり思ったりするんだけど。(考える時間は以前より格段に減った。)

その彼は僕の事を考えてくれてたりする時はあるのかな?って。
ま、無いんだろうけど。

時間は戻らないし。
起こった事は現実であり、戻せないものである。

理解してても、時間が戻れば…。
あの時ああしてたら…
って思ってしまうもので。


僕が生きてるのか死んでるのかも知りえない事だし。
もう更々興味も無いんだろうけど。


僕の中の彼の記憶は消えずに残ってる。
以前程の強い思いは消えてる。
依存も依存対象がいなければこのまま消えていくんだろう。


ただ、人と関わる事が嫌になった。
もし好きになったりしたり。
本の僅かでも依存してしまう様に成ったら、僕はまた同じ事を繰り返すのだろう。

それが怖くて。恐くて。
人と関わる事を積極的に拒否している。


でもね。
独りは寂しいんだよ。


犬を撫でたりする事も出来ないし。
元から寂しさを埋める術を持っていないから。



彼が言った。
僕には、僕の事を思ってくれてる人が居る。
その人たちを大事にしろ。っと。


僕は僕の事をそこまで思ってくれてる人は彼意外に知りえない。
彼曰く。気付いていないだけ、僕の所為で気付けなく成ってるって。

確かに僕は彼さえ居れば他の人間なんてどうでも良かった。
それで、彼が居なくなって残ったものは何も無いんだよ。

"僕の事を思ってる人"らしき影すら見えず。

結局、彼が僕から離れる為の理由でしかなかったのかな…。

愛は憎しみに。
寂しさは絶望に。
好意は敵意に。

それぞれ変化していく。
僕はそれを止めたかったから。
封をして奥に閉じ込めた。

でも、それは完璧ではなくて。
少しずつ僕の奥で変化を始めた。

僕は今東京に居る訳で。
この何万人って人が行き交う所で。もし、万が一。
僕が彼とすれ違って、僕が彼に気付いてしまったら。



その時僕はどうするのか...
あるいは
2007年 11月 17日 (土) 10:53 | 編集
手を延ばせば案外届いてしまうものなのかも知れない。

あるいは、この首を垂らしたロープにかけてしまえば。

あるいは、この躯を空中に投げ出してしまえば……

あるいは…あるいは……
風邪薬
2007年 11月 11日 (日) 15:07 | 編集
隣に座ってる女か。
前に立ってる男か。

斜め前に沸いてる子供か。

よく分からないけど、子供用の風邪薬の匂いがする。

僕は粉薬も錠剤も液体も飲めなくて。

風邪引いて病院行かされた時の薬は数時間かけて飲んでた。

これもその時のトラウマなのかな…

あの匂いで気分悪くなれる。

今は薬飲める様に成る所かODしたりする位。
(去年の事だけど)

今は滅多に飲まない様にしてる。
メジャーもマイナーも。

無敵の安定剤はレキ5mg
緊急時はデパス1mg

鎮静はレボ25~100mg

坑鬱剤。
安定剤。
眠剤。

坑鬱薬の副作用で下がった血圧を上げる薬。
とか。

そんな薬塗れの日々を過ごしてた。

去年まで。

今は何とかあまり薬に頼らなくても平気になれたけど。

それでも毎日薬は持ち歩いてる。
ポケットの中にレキとデパスを常に。

まぁ、そんな事はどうでもいいんだ。

大事なのは家帰ってiPodをPCに繋げてたのに充電が出来てない事だ。

電池残量が1ドットだよ……

4時間しか寝れなかったから眠い。。

そして頭痛い。
新宿迄来るんじゃ無かったかな…
1K
2007年 11月 08日 (木) 10:52 | 編集
取り敢えず。
後1~2ヶ月の間に家探さなきゃ。

貯金10万ちょいしか無いんだけど…。

バイトも辞める事にしたしさ。
友達と暮らすのは難しいよね…。

その友達の事が好きとかならまた違うんだろうけどさ。
普通の友達だから。

っと言うか一部屋しかないってのが1番の問題だよな……

まぁ、相手も文句言いたい事もあるだろうし。
僕も在るしさ。
それは仕方ない事だし、予想もしていたことだ。


ただ、それがストレスに成る事は避けられない事実で・・・。


もう福岡帰ろうかな…。

僕が生きる意味は何も無いんだよ…。
色々やり直せれたらいいのにさ…。
くまくん
2007年 11月 08日 (木) 02:08 | 編集
昨日のバイト帰りにゲーセンよったら。



可愛いコがいた。


しろくまくん


僕はこういうの取るの苦手だからダメだけど。


2匹ポツンってガラスに囲まれた機械の中にいた。


クマは好きなんだ。
人形とかに限るけど。




僕の携帯のストラップもクマくんだしね。

ストラップ


まぁ、ストラップにしてはデカ過ぎてちょっと邪魔なんだけど…。


あと3連勤…。



退職届けだしたから12月15日付けで今のバイトは終了。
それまでなんとか頑張れ…。
ある一種のトラウマ
2007年 11月 06日 (火) 22:28 | 編集
昨日の事。



取り敢えず。

嘔吐恐怖の僕が嘔吐してしまった為。
自信喪失を払拭する為。

病院で処方された薬とパブロンゴールド?飲んで。

地下鉄乗ってます。

同居人も用事がある用なので一緒に。
これだからメンヘラは…とかいうやつはマントルを抱き抱えながら死ねばいいよ。

昨日は食べ物だけ買っただけでずっと家で横に成ってた。

取り敢えず地下鉄乗れた。
ちょっと安心した(´・ω・`)



今日は何とかバイト行ったけど。
うちの社内規定が阿呆臭く成ったから来月に辞める事にした。

生きてく意味も目標も何もないし。
ただ機械みたいに生きてればいい。

でもそんな人生はゴメンだ。

別に向上心がある訳じゃないけどさ。
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。