「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Moon
2009年 10月 07日 (水) 04:00 | 編集
今日は(もう昨日だ)病院に行ってきた。
ちょっと話したい事が在ったんだけど。

基本的に何も考えずに行くから、、
前回の受診日に思った事や日記の引用等を纏めて印刷して渡したんだけれど。

今回は論点が障害年金の話重視に成ってしまって。
僕が話したかった事と違ったんだけど、何も言えなくて。

なぁなぁでそのまま受診終了。


障害年金を当てにしてないと言えば嘘になるし。
僕の諸症状ではほぼ降りない。

病名?は、GAD(全般性不安障害)及び、嘔吐恐怖症。
つまり神経症系なので難しいとの事。

うん。
それは分かってるんだけどね。

仕事でも斡旋してくれればいいのにな。
僕が今の現状で出来る仕事って何だろう。


結局色々寄り道しながら買物して帰宅。
家についてから、虚無感?とダルさで車から中々降りれなかった。

薬物療法と認知行動療法。
薬物はベンゾジアゼピン系+今はアナフラニール10mg(三環系抗うつ薬)
それに、頓服でリスパダール1mg錠を半分に割ったモノ。

メイラックスはなんかもう要らない気がしてきた。

眠剤でも貰おうかなぁ。
なんか、メンドクなってしまった。

ダメだねぇ。僕は。
人には"生きて"だのなんだの言っておいてさ。

些細な事で一気に落ちる。
落ちた先はどうでもいいや。って。

モチベーションを維持するのがなんだかとても難しい。




お香を買ってみました。


お香立て。雫仕様。

お香立て。
雫の形をしてて可愛かったのでつい。


The Moon

The Moon
なんだか、甘い香りで、火を点けて見ても。
点けてない状態とあまり変わりが無くて良かった。

消した後にも残り香が素敵で。
ちょっとだけ。
ちょっとだけ。
リラックス。
…出来てればいいな。


Lavender

もう一つはLavender。
これはまだ焚いてないので次回にでも。


お香点火。

火を灯したらこんな感じに。
モクモクさんです。

コーンタイプなんだけど、ちょっと長くて、最初火消えちゃったしね。
燃え尽きた後には中が茶色に染まりました。

なんか汚かった。

有害物質系なのかなぁ・・・。




最近のお気に入り。
Larkのミントスプラッシュ。


Lark ミントスプラッシュ


最初、プチッって押しつぶすのが分からなくて。
なんだ、このダメなタバコは・・・。

って思いながら、何気なくフィルター部分を見たら。
KOOLブーストみたいに、模様が上下に。

で、試しに押してみたらプチッっと。

それで吸ったら中々良かったのです。

セッターのブラックチャコールメンソールは消えました。
今は、このLarkとマルメンライトのみ。


アナフラに成ってから口渇が酷い。
やっぱ三環系は合わないのかなぁ・・・。

まぁ、もう3週間程は様子見だろうけど。


病院行っても、何かが解決する訳でもないし。
抗不安薬だけ貰えればいい気がする。
薬局で売ってればいいのに。

神経症って微妙だよね。
苦しいのにさ。
あまり理解して貰えない。
挙句、甘えてんじゃねぇ。っとかね。

働けられる様な状態じゃなくても。
障害年金も貰えない。

国民年金払うのバカらしく思えるよ。
って言っても僕が払ってる訳じゃないんだけどさ。


なんか、貧乏くじというか。
遣る瀬無さと失望感。

あぁ、こんな風に思ってるから他責的って言われるんだろうな。。
スポンサーサイト
未分の
2009年 09月 06日 (日) 23:56 | 編集
眠気が治まって来たので一つ。

薬を飲む事はどうなのだろうか。
薬に頼る生活。

(薬を飲むと)負けた気がするとか。
(薬に頼るのは)弱い気がするとか。

僕は、正しく処方された代物なら、ちゃんと飲むべきだと思うし。
病気だと思えば、それ相応の科目に受診するべきだと思う。

薬飲んで(頼って)やっと普通で居られる、或いは(諸症状が)治まる。
それは負けなの?弱いの?

正直、僕も薬なんて飲みたくないし。
飲まないで平気なら飲んでいない。

精神論とか意地とか変なプライドとか。
言うのは勝手だけど、相手がどう思うかとか考えないのかな。

もし、手術する時に、麻酔しないの?
詰めてはそういう事だよ。


今言われた訳でも、言ってたのを目にした訳でもないけど。
なんとなく思い出したから書いてみた。

けど、こういった事すらどうでもイイ事なんだよね・・・。


僕が日記掛けるのは今の現状だと、メンタルヘルスに属する事柄しかないし。
セクマイに関する事とか殆ど書く事ないし。書ける事もない。

この日記の存在理由が不確かだ。





噤んでいる。
このまま何れ薄れて消えてしまうだろう。

それもいい。
それでいい。

どっちだろう。


僕に続く、色んな繋がりの線は。
細く脆い。


全てのスイッチをOFFにしてみれば。
少しは違う景色がみえるのだろうか。
Null
2008年 10月 24日 (金) 16:40 | 編集
どれだけ君傷ついたんだ
夢見たまま生きてきたんだ
罪滅ぼしな 歌でごまかして

言葉が意味を落としちゃった
心は色失っちゃった
それでもまだ 歌でごまかして

歌でごまかして

そうして いつになっても不安で 
その訳さえ求めないで 聞こえないまま
歌っていたのさ

遠いね いずれなんか変わるって
待つたび毎日が散って
いくだけ それだけの
日々を

人は真実か いやそうじゃない
きれいな嘘でいいよ
人を信じるか いえそうじゃない
きれいな嘘でいいよ

いっそ いっそ いっそ

そうして いつになっても不安で
そのわけさえ求めないで
聞こえないまま

歌っていたのさ

AM4:00/pegmap



¬Jacta alea est,
2008年 09月 10日 (水) 05:43 | 編集
均衡を破るものは僕なのか。
それとも僕以外なのか。


自分の中だけの世界は虚ろな無だ。真っ白な空白。

自分以外の世界を覗いてみれば、色々な色彩が滲み出ている。

少し隙間を空けてあげれば、それらがゆっくりと、確実に漏れ出してくる。


それを見ながら僕の中の真っ白なモノは少しずつそれらの色に侵食・或いは同調してしまう。


真っ白な空白を望んでる訳ではない。

ただ、原色は僕にはまだ強すぎて眩しすぎるんだ。


思い浮かんだ事も、それを文にし、残しても。
5分と持続しない。
或いは頭の中で纏めてる内に消え去ってしまったりする事も多い。


プラスの思考は持続しない。
マイナスの思考は持続する。

でも、僕だってマイナスを望んでマイナスに変えてる訳ではない。

時としてマイナスも必要だ。
マイナスは客観視出来る冷静を与え、戸惑いを与え、疑問を与える。
これでいいのだろうか。
これで間違っていないのだろうか。


マイナスが全く作用しない世界なんてあっという間に崩壊してしまう。


誰もが絶対にこれは正しいと信じて疑う事すら起こらないからだ。
誰を殺そうが、何を破壊しようが。
それは絶対的に正しいのだ。


プラスの最大値は狂気。


マイナスの最大値は死。

中間にいつも居られればいいのかもしれない。
狂気と死の間は平穏だ。
ゆっくり延々と流れる水流の様に。

ただ、風が吹けば水面は波立ち。
地震が起きれば津波になる。

陽が強すぎれば水は干乾びてしまうし。
毒が流れてくれば犯されてしまう。

それは簡単に、そしてとても些細な事だ。


不変のモノなんて在りはしない。
流れる水も水面は常にまっ平らではないし。
水面の下には水流があり、流される砂や小石が存在する。

そもそもその流れている水自体が常に違うモノなのだ。

水は水だが、同じ水ではない。
でも、水は水だ。
その時と同じ水では無くても水は水でしかない。
全て水素と酸素の化合物だ。


ああ。
つまり何が書きたかったんだっけ。

そうそう。

塞いで閉じ篭るのは簡単なんだ。
凄く。

捨ててくれればすぐさま僕も命を捨てるだろう。

ただ、そう上手くはいかないのだろうし。
捨ててくれないのかもしれない。
お前なんか要らない。っと言いながら、捨てる事は無いのかもしれない。
かといって、大事に保管される訳では無いのだけれどね。
その辺に置かれて、移動する時に隅の方へ足蹴されて埃をずっと浴びていくのかもしれない。


そんなのは僕はご免なので。
だからね。

いつかその・この均衡を壊してしまうのかもしれない。

それが僕が自ら壊すのか。
結果的に壊れてしまうのか。

僕以外の何かが壊すのか。
僕以外の誰かが壊すのか。


Xdayはいつなのだろうね。


均衡の崩壊は予測不可能だ。

いやいや、今のこの見せ掛けの均衡自体既に誰にも予測不可能なのだけどね。

僕か。
僕以外か。だ。
Miserable
2008年 03月 10日 (月) 17:20 | 編集
マジ惨めだ。


何やってんの?


何がしたいの?


何がしたかったの?




今ここで僕が死んでも無駄に金かけさせて。迷惑掛けるだけ。

ズルズル生きててもこうやって迷惑かけ通すんだろ?



マジ何な訳??



死のうが生きようが無駄な命だな。



死ねよ。
Nihilistic...
2008年 03月 06日 (木) 22:07 | 編集
誰か救ってくれ。

って。そんなの誰も居ないって?




知ってるさそんなこと。
知り尽くしてるさそんなことなんか。




変えられるのは自分だけ。
救えるのも、殺すのも自分だけだ。




他人の言葉なんかじゃ救われない。殺せない。


全部自分自身の行いなんだから。




環境も時間も風化させる位しか出来ない。


乗り越えるのは自分なんだから。

助けれるのは自分だけ。
救えるのも自分だけ。



そんな自分がない僕はどうすればいいかな。


もう。人の言葉は届かない。響かない。
既に。自分の言葉も届かない。


成るように成るなんて。
成るようにしか出来ないの間違いだろ。

履き違えるな。




行動を起こしても結果がついて来なければ無意味。
行動を起こしたって自己満足に浸ってたんじゃてんで意味が無いじゃないか。
所詮結果なんだよ。

どんな結果だよ。

何がしたい?
どうしたい?

それが見えないままじゃどうにも出来ない。


ただ、その日その日を何とか生きてればいいのか?
それが幸せなのか?
幸せに繋がるのか?

先は分からない。誰にもだ。
どこでどう分岐するかも分からない。
可能性だけなら無限大だ。
些細な言葉・思い・行動。全てが分岐点なんだから。

ただそれは宝くじと同じ。
買わなければ当らない。
ゼロではないっていうだけの話。

dummy...
2008年 01月 18日 (金) 02:47 | 編集
最近また、少しずつあの人の存在が頭の中に湧いてくる。

必死にかき消そうとする。

かき消すには時間に追われればいいだけだ。


以前と違う環境を手に入れてる訳だから。
時間に追われるのは簡単だ。

働かなければ、住む家を追われる。
ネット・携帯(僕にとっての誰かと繋がり)も途切れる訳だ。


理想としては働きたくなんか無いけど。
時間が有り余る状態だと僕は死に向かっていってしまう。



今は少し。
その方向は避けたい。




2月に親が北海道に旅行に行くらしい。
新婚旅行以来の2?年振りにね。


だから、今は。まだ。。
変な思い出にはさせたくないから。

頑張れ僕。



でも…。
その前で在っても、その後で在っても。
嫌な思い出にしか成らない事だけど。



子は親を選べない。
結構よく聴く科白。


でも、親も子を選べないんだよ。


僕みたいな子供に育ってしまったら最後。
どうにも出来なくなる。

愛情と失望と苦しみ。
手放す事も、放っておく事も、死なす事も、救ってあげる事も出来ない。

ただ、日々を消化してやり過ごすしかない。


親は子を。
子も親を選べれたらいいのにね…
回転木馬
2007年 11月 30日 (金) 23:56 | 編集
自分が何をどうしたいのかが。
また分からなく成って来てる。

少し上を見てしまったからかもしれない。

下ばかり見ていれば良かったのに。
上を見上げて見てしまったのかもしれない。



仕事も。
出切るなら胸を張って人に言える仕事がいい。
やってて、楽しい。とまでは行かなくても。
せめて多少の遣り甲斐を感じる仕事内容がいい。

今みたいな、人に何してるんですか?
って言われて嫌な思いに成る様な仕事は嫌だ。

何の知識にも経験にも成らないものよりもさ。



ただ、僕の場合。
普通の仕事がきっと出来ない事だろう。
今以上の収入が確保出来て。
今以上自分の時間を確保出来て少し楽しんで出来る仕事がいい。


部屋を借りようかと思う。
でも一気に20万から30万近く飛ぶ。

僕の些細な貯金全てを当てても足りないだろうし。
足りる範囲で借りるとどうしても微妙な物件しかない。

次の仕事も見つかってない状況で部屋だけ借りるっていうのも…
僕にはあまり良く無い事だと思うし。


今のバイトをそのまま続けようか…っとか思ってしまう…
でも前述の通りなんだ。



福岡には帰りたくない。

帰ると十中八九ダメに成ってしまう。

色々考えてるといつもの死にたい気持ちになるけど。
僕は死ぬ為にこっちに来た訳じゃない。

去年だってそうだよ。
何か変わればって自分の周りの環境を変えてみた。

去年の結果は散々なものに成ってしまったけど。
今は違う。

少なくとも今現在は。


これから先の事なんて僕には凡そ見当はつかない。

貴方の為に生きるだとか。
貴方の為に死ぬだとか。

今はもう、そんな気持ちも無くなった。
ただ、この先もずっと今の気持ちのままで居られるか?って聞かれた時は返事は否だ。

先の事はわからないし。

僕が言う今現在の貴方と。
その時の貴方は違う人に成ってるかもしれない。

きっと、同じ事を僕は繰り返してしまうだろうしね…
思考回路切断図
2007年 11月 22日 (木) 00:49 | 編集
子供に死にたいって言われた時の親の気持ちを考えてみたりね。
僕の親はどんな気持ちでそれを聞いていたんだろ…
っとか今更ながら思った。


でもね、どうにも成らない事もあるんだよ。
それは他人が聞けば言い訳にしか聞こえない事なんだろうけどね。


生きる意味を探す為に生きるだとか。
何かしら意味があるから生まれてきたんだ。とかさ。
そんな言葉は最早何にも成らないんだよ。

所謂気休めの一つにすらね。


生きてる事に意味のある人間は確かに居るだろう。この世の中には。
ただ、それ以上に多くの意味がない人間がいる。
(それは僕の主観的にみて思っただけだから、僕にとって意味がない人間っと思われた人にも意味はあるのかもしれないし。それは僕にはわからない。)



この所の日常で。
生活スタイルに大きな変化があって。
僕が以前までの僕を保つ事が出来なくなっている。

常にイライラしてストレス感じて。
心休まる時がない。
ストレスを発散する術も持たない。

ただただ蓄積されていく。
やがて僕には処理できない所まで行ってしまうのだろう…。

処理できないそれらが僕の中から溢れた時。
僕はどうなるんだろね。


案外、何にもおこらずにそのままかもしれない。


兎に角僕はもう疲れてしまったんだ。
今の仕事をただこなして、日々を消化してればいいのかもしれない。

"余計な事"を考えずに居られるから。
あの人の事とか先の事とか考えずに居られる。

でも、それじゃダメなんだ。

日に日に人間に対する興味や愛情が薄れていってる。
ただ機械的に日々を潰すだけ。
それに僕は堪えられないから。

"どうせ生きるしかないのなら"誰かと関わっていたいし、いきたい。
孤独な一人は嫌だから。


僕は今以て彼の事が好きで。
考えたり思ったりするんだけど。(考える時間は以前より格段に減った。)

その彼は僕の事を考えてくれてたりする時はあるのかな?って。
ま、無いんだろうけど。

時間は戻らないし。
起こった事は現実であり、戻せないものである。

理解してても、時間が戻れば…。
あの時ああしてたら…
って思ってしまうもので。


僕が生きてるのか死んでるのかも知りえない事だし。
もう更々興味も無いんだろうけど。


僕の中の彼の記憶は消えずに残ってる。
以前程の強い思いは消えてる。
依存も依存対象がいなければこのまま消えていくんだろう。


ただ、人と関わる事が嫌になった。
もし好きになったりしたり。
本の僅かでも依存してしまう様に成ったら、僕はまた同じ事を繰り返すのだろう。

それが怖くて。恐くて。
人と関わる事を積極的に拒否している。


でもね。
独りは寂しいんだよ。


犬を撫でたりする事も出来ないし。
元から寂しさを埋める術を持っていないから。



彼が言った。
僕には、僕の事を思ってくれてる人が居る。
その人たちを大事にしろ。っと。


僕は僕の事をそこまで思ってくれてる人は彼意外に知りえない。
彼曰く。気付いていないだけ、僕の所為で気付けなく成ってるって。

確かに僕は彼さえ居れば他の人間なんてどうでも良かった。
それで、彼が居なくなって残ったものは何も無いんだよ。

"僕の事を思ってる人"らしき影すら見えず。

結局、彼が僕から離れる為の理由でしかなかったのかな…。

愛は憎しみに。
寂しさは絶望に。
好意は敵意に。

それぞれ変化していく。
僕はそれを止めたかったから。
封をして奥に閉じ込めた。

でも、それは完璧ではなくて。
少しずつ僕の奥で変化を始めた。

僕は今東京に居る訳で。
この何万人って人が行き交う所で。もし、万が一。
僕が彼とすれ違って、僕が彼に気付いてしまったら。



その時僕はどうするのか...
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。