「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スノードロップ
2010年 05月 31日 (月) 06:13 | 編集

生きるってことバトン

Q1 今は幸せですか?
A1 幸せだったらもっと楽しい表情をしてると思う。
Q2 死にたいって思ったことありますか?
A2 何度も何度も何度も。
Q3 生きてるってなんだと思いますか?
A3 死なない事。
Q4 死ぬってどんなことだろうって考えたことあるぅ?
A4 生命活動の停止。っとしか考えていない。(その質問に対する答えならば)
Q5 死んだら何処へ行くと思いますか?
A5 天国地獄なんかあるのが面白そうだけど。きっと無だと思う。それか、輪廻転生。
Q6 人生どうにでもなれっておもったことある?
A6 もう10数年どうでもいいやぁっとしか思えない。
Q7 未来は見えますか?
A7 真っ暗な闇の中独り蹲ってるから見える筈も無い。
Q8 この先生きてて意味があると思いますか?
A8 どうなんだろうね。未来の僕が教えてくれれば良いのに。
Q9 Q8でそれはなぜですか?
A9 過去と現在とで導き出される未来がロクなもんじゃないから。
Q10 最後にこれからの自分どうしていくか一言どうぞ!
A10 成る様にしかならない。生きるも死ぬもさ。
眠気を少しでも感じた時に。
そのままサッサと眠ってしまえる環境ならば良いのに。

お風呂入ったり。
歯磨きしたりすると必ず眠気なんて飛んでしまう。

まぁ、着替えてベットに移る時点で眠気消えてしまうかも知れないけど。


急に。
いや、段々かな。

思考の落下が見受けられる。


美容院行って。
それでどうなるんだ?って。
髪切って、だから何になるの?って。

嗚呼、生きてても仕方ないんじゃないの?って。

したい事。
やりたい事。

そんな夢を見てられる年齢なんてとっくに過ぎてるのに。
今更足掻いた所で、どうしようも無いんだよ。って。

メッセとか付けてても、誰も居ないし。
メールしてみるのも、話題なんて無いし。宛先不明で帰って来たら嫌だし・・・

まぁ、今更なんだけどね。
自分から避けてたのに。

多分さ。
今、誰かと親しくなったりしたら。
その人に凄く依存してしまいそうで。


結局僕は、自分の胸に空いた隙間を自分自身で埋める事は出来ないんだ。
見てみないふりをし続けるか。
誰かに埋めて貰うしか出来ないんだなぁって。

バイトして。
採用されたとしてどうなるの?

こんな場所で死ぬまでなんて嫌だ。
かといって、在る程度お金溜めて、別の場所に行って・・・。

そこで仕事が見つか(採用され)る可能性。
ってどれ位なの?

極々僅か。
或いはゼロに近いとしか僕には思えない。

それで、ダメでお金無くなったらどうするの?
またこっちに敗走するんだ?


くっだらねぇな。


そうまでして生きたいだなんて思ってないんでしょ?
色々もう遅すぎたって理解してるんでしょ?
成るようにもならないって思ってるんでしょ?

時間は戻らない。
人生は一度きり。

虚しいね。
悲しいね。

で、どうするの?
どうしたいの?

ナニガシタイノ?
ドウシテホシイノ?


救いの手を差し伸べてくれる人なんて延々と待ってみたりしちゃってるの?

そんなもの。
もう来ないよ。

全てが遅すぎたんだよ。

誰も彼も自分の事で精一杯なんだ。
アンタの事なんて見てる余裕も、救う必要性も、義理も何も無い。
誰に何を期待しちゃってるの?

現状を見渡せば解る事じゃないか。
その両眼でさ。


ほら、もう生き続けてる理由なんて見当たらないんじゃないの?
それとも何?
まだ、生きてればナニカが…なんて思ったりしてるの?

それは、そうだね。
否定はしないよ。
些細な切っ掛けで大きく変わる事もあるしね。良くも悪くもさ。

だけど、そんなあやふやな不明瞭なモノに賭けてみるより。
さっさと生きるのを止めてみる方が早いんだよ。
死んだ後の事なんて考える必要もない。
死ねば終わりなんだからさ。

現実を見れば良い。
誰もアンタの事なんて好きに成らないし。愛しもしない。
何を求めても。
誰を求めても。
満たされる事なんて無い。

今までに一度でも満たされた事が在ったかい?
無かっただろう。
求めても求めても。
満たされる事は無く、ただ虚しくなるだけ。

いい加減諦めればいいのに。
リセットしなけりゃ無理なんだよ。もう。

アンタだってそんな事はもうずっと前から気付いてる筈だろ....

スポンサーサイト
Re:LoAd oF WoRLd
2010年 05月 25日 (火) 04:22 | 編集
寝ようとすると寝る準備や何やらで無駄に時間が過ぎてしまう。

昼間の内にやっておけば良いのに。
毎回毎回そんな感じ。


生活リズムがちょっとだけ戻って来てる。
レメロンを飲むのを止めてから、12時間寝てるなんて事は無い。
携帯のアラームを鳴らす様にしたのも要因の一つかも知れないけど。

一番は、やっぱり自分の意識の改善だと思う。

でも、そこまでしか出来ない。

ここから、先がもっともっともっと在るのに。
まだまだ階段の入口の前の段差を登ろうと一歩踏み出しただけでしかない。






決して遠ざかった訳でも。
消し去りたかった訳でも。
嫌になったとか、面倒だとか。

そんな理由で、人と接し無かった訳じゃないんだ。

(表面上でも)普通に生きてる人が眩しくて。眩しくて。

僕の存在理由なんか何も無いんだと言われてる様で。

だから、意識的に避けていた。


リアル。
ネット。
どちらも。

勿論、僕が避けなきゃ行けない程人との繋がりが在る訳では無いから。
数少ない人との接触の回避なんだ。

その接触の回避は0と1の世界で綴られた言葉達。


でも、この前から、その意識的回避を止めて。
向き合うようにした。

まだ、眩し過ぎて、(羨ましくて)みれないモノも沢山あるけど。
少しずつ。少しずつ…


自分で避けておいて。

独りが寂しくなって、誰かを必要としてみたり。
人の温もりが欲しいだなんて。

本当、つくづく身勝手な人間だ。


あれ。
こんな感じの言葉もう何度も書いて来た気がするよ・・・
Allegory...
2008年 11月 04日 (火) 21:03 | 編集
You are the sun and moon and stars are you,
and I could never run away from you.
You try at working out chaotic things,
and why should I believe myself not you?
It's like the world is going to end so soon,
and why should I believe myself?

You me and everything caught in the fire,
I can see me drowning, caught in the fire.
You me and everything caught in the fire,
and I can see me drowning, caught in the fire.


You/Radiohead

ライフサイクルの1ピース
2008年 09月 08日 (月) 05:07 | 編集
ちょっと気分悪く成ってきた…

そう思ってる間に。

胃が痛くなって。
胃が気持ち悪く成って。

これはどちらの表現が正しいのか分からない。
どちらも同じだったからだ。



胃薬ではない薬を流し込んでベットに潜り込んでた。
いつもの食物を食べた後の気分の悪さとは違うから。

久しぶりに携帯で日記を書いてたんだけど。

どうやら書いてる途中で落ちてしまってたらしい。


目が覚めたら午前0時。

最近はちょっとPCにずっと齧り付くのも出来なくなってきてる。


今日っというか、昨日か。

何食べたんだっけ。

朝にざるうどん食べて。
それから、何も食べてないのか…。

目が覚めてからご飯は冷蔵庫に入っていたんだけど。
お風呂に入りたかったからその横の桃を胃に入れた。

少し時間を空けてお風呂に入って。

思ったのは。




東京戻りたいな…って。



ココに居るのはダメだ。


このままココに居れば。
いつか父親にでも刺されるかもしれない。
或いは僕が刺してしまうかもしれない。

そんなかもしれない。

って可能性が無きにしも非ずなのかもしれない。のかも。



大阪当りなら電車で行けそうだなぁ…っとか。

家に。自分の部屋に。
そこまで他人の入る余地のない空間に居ても。

物を食べた後じゃなくても。
何をしてた訳じゃなくても。

気分が悪く成ってしまうこの状態の中でそんな事を考えてた。



最近涼しくなって。
ベランダから外(っというか空)を見るのがスキ。


レキ5mg一錠で保てるなら安いものなのかも知れない。


でも、嫌だな。
そんなものを飲まなくても平静を保っていたい。



こんなくだらないのを書くつもりじゃなかったのにな。
なんか痛いメンヘラ全開に成ってしまったから終了。
イミテーションの頸枷
2008年 08月 14日 (木) 04:00 | 編集
ドシャ降りの雨。


ザザ降り。


ザザ鳴り。



昔は平気だった雷も。
ちょっとした切っ掛けで少し苦手に成った。


でも、僕以上に怯えまくっていた犬を見てたら。
恐怖感をあまり抱かなかった。



外は真っ暗で。
時折青白い光が刺しだされる。

治まることなくゴロゴロと鳴り響き。
叩きつけられる雨雫。


顔洗ってる瞬間に雷が地表に突き刺す音が鳴る。



そういえば雷に撃たれて死んだ人居たよな…。


なんて思い出しながら。

少しだけ、"もしかすると僕に落ちて来るかもしれない"っとか。
ゼロでは無い可能性を想像していた。

Drei
2008年 07月 03日 (木) 23:18 | 編集
どの言葉がどんな地雷に変わってしまうのか。

それが分からなくて。
それが怖くて。

なんか書けない。

っていうのは言い訳で。




やっぱり何も浮かばないから何も書くコトが無いんだろう。



僕の今の日常の中には、文字にする価値もない。
チラシの裏にすら。


何の価値も無い。



生きたいとは全く思わないけど。

強く死にたいとも思えない。
死にたくない訳では無いけど。


悩んでないんだろう。きっと。



ただ生かされてるだけ。

ただ生存してるだけ。



そこに意味なんてモノは無い。




落ちたい訳でも上りたい訳でも無い。



諦めなのか。
受け入れてしまっているのか。
何の興味も無いのか。



思って苦しいのなら思わなければいい。
手に入らないのならば、全ての情報を閉ざせばいい。


人は知れば、求める。
知らなければ、求めようがない。
知らないから。



これ以上書いても。
それでどうした。
だからなんだ。

っとしか自分で思えないから。
ここまで。


結局、考えてると苦しくなるから考えないようにしてるだけだ。

なんだ。
やれば出来るんじゃないか。
そのままずっと考えずにただ生存してればいいさ。
Zwanzig
2008年 06月 20日 (金) 04:30 | 編集
つまんない人生だなぁ~…なんて。。




つまんなくしてるのは自分自身なのにね。





きっと。。
Keep the Dream Alive
2008年 06月 03日 (火) 15:10 | 編集
ふと。

もう1~2歳位の子供が居てもおかしくないんだよなぁ。
っとか。



何やってんでしょうねー。




全く成長してませんねー。
てんでダメですねー。


ダメダメですねー。


幼いとかそんな次元じゃないですよねー。わかります。




もし僕が自分で死ぬ時がきたとしたら。
その時は遺書なんて残さない事にしよう。

こういう事書いてる時点でダメなんでしょうねー。
わかります!



タバコ切れた。
自販機も、コンビニもタバコ屋も遠いんだよなー。


この現代における人間って。
働いて死んでくだけですよねー。
その死ぬまでの間に、楽しみとか、そういうのを見出せないと。
何にもなんないじゃあないですか?


仕事が好きならそれでいいし。
子供を育てるのがいいならそれでいいし。
大事な人と一緒に生きるならそれでいいし。

あれ。
こんなのしか思い浮かばないんだけど。
他に楽しめる様なものってありましたっけ?

他の事を考えてるうちに。
日本の宗教観と、人間の成分とかに思考がスライドしてしまった。

殆どの事って上記の範疇だ。
子供も大事な人ってのに当てはまるし。
夢とかも、どちらかに当てはまってしまう。


つまりそんなもんなのかな…。
そして繰り返す
2008年 04月 28日 (月) 05:20 | 編集
人を生きる支えにしてはいけない。

失った時に生きていく事が出来なくなるから。

それを知られた時に無駄な重荷に成ってしまうから。





何かしてないとナニカしてしまいそうで。
ちょっとだけ恐怖。


見なきゃいいのに過去に保存してあったモノを見たり。
その時はそのまま流し読みしてたモノが深くみえたり。





僕はなにも変わらない…
何も変わってない。

お前はいくつだよ…。


僕だけ何も変われてない。

変わろうとしないからか。
何の為って。
自分の為だろ。


自分の為だけなら。
死ぬ方が早い。


理由が必要だ。
その為に動く理由が。


好きなものは何?
好きな人は?
やりたい事は?
なしたい事は?
どうなりたい?
どうしたい?


何もない。

なにもない…。



人は誰の為に生きるかって。

自分の為だ。


じゃあ自分の為に何も思えないならどうすればいい?
ドコにナニにダレに見出せばいいんだ?




あぁ…なんだ。
数年前と同じじゃないか。

気持ち悪い思考ばっかり出てくる。
下らないことをここに書き出しそうになる。

今のも充分下らないことだけど。
それ以上の…
So hate...
2008年 03月 24日 (月) 06:58 | 編集
体育座りで顔を足に委ねる。
音楽が勝手に寂しい曲になる。

PC如きが僕に寂しさの助長をするのか…。


知りたくないなら見なければいい。
目を閉じろ。
全て消せ。


それが出来ないからダメなんだろ。
僕は。


知りたくない訳じゃない。
ずっと知っていたい。


それを知っててどうするんだ?
何になるんだ?
自分の為に成るのか?


最初から解ってた事なのに。
何故それが分からないんだ?
最初から知ってた事だろう。
どうにもならないって。
どうしようもないって。
僕は蚊帳の外の存在でしかないって。


それなのに。
何を期待してたんだ?
何が出来ると思ってたんだ?


何年か先?
そんだけ待って何になるんだ?
何の為に成る?


忘れるんじゃない。
ただ、忘れようとしたいだけなんだろう。
でも忘れることなんて出来ない。


出来ないって思い込んでるだけなんじゃないの?



マンガ見たいに上手くいけばいいのにね。





自分がキモチ悪くて仕方ない。

こんな人間に好かれる方も迷惑極まりないよな。

影で哂われてる可能性の確立
2008年 01月 26日 (土) 03:14 | 編集
なかなか時間が無い。

この前雪が降った。

東京で見る初めての雪。



家から

朝起きたら世界が少しだけ白かった。


雪の池袋

職場への道。


雪の新宿


雪で屋上部分が見えなかったり。








だんだん人を信じられなく成って来る。

全ての言葉・行動が嘘に思えてくる。



信じたいけど信じれない。




以前僕が嫌いな女に言われた言葉がずっと残ってる。


「でも、影で笑ってるかもしれないよ。」


悪意は彼女には無かったのかも知れないけど。


その時僕が思ったのは、この女に対しての嫌悪感。

何気なく出た言葉なのかも知れないけど。




僕は、ある事実を信じたかった。
そこで欲しかったのは現実の可能性じゃなく。

僕が信じてても大丈夫。
っという事への後押し。


それ以外は望んで居なかった。
別に僕が望む事をしてくれ。って訳では無いけど。

その彼女とは色々文章での会話をしばらくしていたんだ。
だから、その言葉を僕がどう受け取るかってのは多少は予測出来た筈だ。


でも、それを予測出していない無神経さへの嫌悪感。



尤ももう連絡は取ってもいない過去の話。




数時間の思考回路の停止。




システムオールグリーン。




どうぞ。
lamb
2007年 09月 09日 (日) 14:38 | 編集
一人じゃないよ。

そう言ってくれてた人が居なく成った時。

その時には絶対なる孤独が待っている。

その時はその人が居たから、確かに独りでは無かったのかも知れないね。

その人が居なくなったら見渡す限りの孤独だ。

人間ってのは勝手だから…昨日言った言葉も今では嘘に変わってる。
嘘でなくても「無かった事」に成っている。

僕は人間が嫌いだ。
こうして書いてる僕だって同じ事を誰かにしているんだろう。

意図しようとしまいと。

あの時さっさと死んでおけば良かったんだ。

あの頃は僕も20年間生きてた中で間違いなく最悪な頃だったよ。

得た物は何だ?何がある?何が残った?

どうにも出来ない感情と。人に対する嫌悪感と絶望感。

言いようの無い失望。

それに惨めな自分だ。
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。