「死んでみたくなる」笑って言う僕に異常などないさ...
ボクノサイゴ....
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日常の続き
2017年 03月 10日 (金) 06:49 | 編集
10年位前の話。

あの時、あのまま新宿に居たら。
僕はどんな人生を送って居たんだろう。

多分、その内前科がつく様な事に成っていたのは確実で。

今みたいな日常じゃないのが日常に成っていたのかも知れない。


でも、それもIFでしかなくて。
僕が自我を失わない限り嘔吐恐怖って厄介な楔は抜ける事がない。

抜けたらどんなに楽だろうか。

でも、きっと。
今更抜け落ちた所ではもうどうしようもない。


あの時、あのまま。
居続けるのはきっと無理だっただろうし。

その後のあの時に死んでおけば良かったのだろう。

結局死ぬ事も出来ずにだらだら生きて、何もしない。何も出来ない。
今の僕の日常に続いてる。


何も代わり映えしないこの日常に。

ただただその日その日を無駄に消化して老いていくだけの日常。

後、どれだけ無駄に消化していけば終わるんだろうか。



結局何も変わらなかったし、変えられなかったし。
良い事なんて何も無かったし。

今では死にたいと思う事すらあまり思わなくなっている。

それは意思やら環境やらの変化からではなくて、薬の副作用(ある意味作用)でしかない。
同時に何も考えられなくなっているからだ。

以前は色々浮かんでた考えや思考、感情が反強制的に抑制されている。

だから、日記も書けない。
強い衝動や思考に遭わない限り。


僕の日常は、寝て起きて食べて眠るだけ。

何の意味も持たないし、何も楽しくも無いし、何も楽でも無い。

ただ生きてるだけでしかない。

人と関わる事すら嫌に成ってしまった。
ネット上ですらね。

それなのにつまらない。退屈だと思うのは。
関わりたい人と関われなく成ったからだろう。

僕が好意を持つ人には僕は何も必要では無くて不要なモノでしかなくて。

僕なんかに手を差し出してくれる人には申し訳ないけども、僕は必要とはしていなくて。

だから、退屈だ。暇だ。
なんて事も言えなく成ってしまう。

そんな事を繰り返してるから誰も居なくなるんだろう。


それが僕の日常。
それが僕の選択の結果の日常。

早く終わって仕舞えば良いのに。
スポンサーサイト
Nach 16 Jahren
2016年 07月 14日 (木) 21:13 | 編集
二十歳迄に死にたい。
と言っていた昔の僕へ。

それから16年経ちました。
二十歳所か三十の今現在未だに死ねてません。

さて、言いたい事はただ一つです。

死んでおけ。

倍の時間を生きてきたけれど。

何一つ良い事等ありませんでした。


二十歳前迄に死ぬのは正解だと思っています。
まだ若かったのに可哀想に。なんて感じで終わるだけです。

月日が経てば経つ程、死んだ後が惨めになります。

勿論、軌道修正が出来て居たなら話は違ったかもしれませんが。

残念ながら軌道修正は出来ませんでした。

当時の僕よりマシな点は気分悪くなる頻度が幾分減ってるだけです。

変わりに、首筋の痛みやら胃痛やら喉の閉塞感と痛みと言う原因も要因も不明なモノが現れるので、正直誤差程度です。

どっちもキツイし、どっちも働く上で障害にしかなり得ません。

さぁ、服飾関係に進めれていれたらどうなって居たのでしょうか?


恋人も友人も出来ず虚しく貧しくつまらない日々ですよ。

ねぇ。
僕が突き殺してあげるよ。
心臓を一突き。

もし、タイムマシンなんてモノが実在してさ、今の僕が昔の僕を殺したら、息を引き取った瞬間どうなるのかな?

昔の僕より後の僕の軌跡は無かった事に成るのかな?
無かった事になって、今の僕が関わった事象について、どう統合性を取るのか興味があるよね。

そうそう。
僕なら理解かってると思うけど、本当に何も良い事なんて無いよ。
リアルラックの無さは自覚しているでしょ。


ただ生きるだけでも十二分に苦痛だ。
Days
2016年 06月 24日 (金) 02:10 | 編集
しんどいのと。
キツイのと。

やる事が無いのと。
色々と。

やる気が何も湧かないのはとてもしんどい。

先日、漸く冬服と夏服の入れ替えを行えた。
それと、こっちに戻って一通り片付けたモノから溢れたモノの整理と処分も。

イライラ用に処方されたリボトリールが以外と作用しているのかも知れない。

遊び相手も話(下らない馬鹿話)相手も居ないこのド田舎は、正直しんどすぎる。

出掛けても何も無い。

田舎は好きになれない。
田舎の良さなんて、何も無い。


父方の祖母が痴呆が進んでる。
最近漸く、進行悪化を防ぐ薬を飲み始めたみたいだけど。
昔の様な覇気が全く無くて悲しい気分になる。

90だか91にもなれば仕方ないのだろうけども。


取り敢えず僕の日常は日々暇をもて余している。
生活リズムもボロボロ。

心身共に疲弊しきっている。

戻りたい。
戻りたい。
分岐の果て
2014年 03月 19日 (水) 02:48 | 編集
生き方が分からない。

どう生きれば良いんだろう。

両親が居なくなったら僕は独りだ。

生きてるだけで良い。
そんなのは数週間程度のものだ。

先が無ければ、どちらかが殺す事になるだろう。

そう思って、そして自分で普通の生活がしたくて。

3度目の正直って感じでこっちに来たのに。

何一つ好転しなかった。

頬が痩けて、顔が荒れて、預金が50万消えただけだ。

最初はどうにも成らなかったら国の世話に成るのもやむ無しって考えてた。

そう考えては居たけど、いざそれに近い状態にまで陥ると、そうまでして生きていたいのか。
って思ってしまう。

今度預金崩す時が本当に最後。


ここまで社会に必要とされないとは…思ってたけど。
それでも、探せば見付かるんじゃ無いかなって思ってたけど。

そうでも無いみたいだ。

レールから外れてどっかで止まってた人間はどこからも誰からも必要とされない。

少なくとも僕が出来うる範囲の仕事内容ではだ。


死ぬ気になればなんでも出来るってのは、死にたくは無い人間にのみ有効なんじゃないかな。

死を望んで、欲してる人間には死ぬ気になるなら死ぬわ。
っとしか思わない。

死ねないのは、その後を考えてしまうからだよ。

その後を考えてしまう状態である限り自ら死ぬことは出来辛いんだ。

その鎖を断ち切れる程僕は親を嫌いじゃない。

孫も見せてあげられない。
入学式も卒業式も見せてあげられなかった。

唯一高校のサポート学校での卒業式だけだ。

いとこは殆ど結婚して子供産んで。
近所の連中もそうだ。

なんて居心地が悪そうなんだろう。

その居心地の悪さを作ったのは僕なんだ。


親が不憫でしかたない。



後の事を考える力が弱かった頃に死んでおけば良かった。
生きてても本当良いこと無いよって過去の僕に教えたい。
Anemone....
2011年 08月 26日 (金) 00:02 | 編集
僕の存在意義は何だろう?

ずっと、ずっと、ずっと。
見つからないままだ。


凄く嫉妬してる。
嫉妬って言葉の思いじゃ無いのかも知れないけど、僕にはその言葉しか思い浮かばない。


嫉妬。
嫉妬。
嫉妬。


胸が苦しい。


ねぇ、誰か。
僕を愛して。

優しく抱いて。
激しく犯して。


誰でも良い。

誰でも良くない。


好きな人。
好きになれる人。


彼方の。君の。



言葉が欲しい。
愛が欲しい。
躯が…温もりが欲しい。


独占したい。

僕だけに。
僕だけに。



僕に生きる意味を。
生きる楽しさを。
生きる喜びを。
愛される事を。
求められる事を。


僕に下さい。
僕に与えて下さい。


ずっと良い事ばかりじゃないのは解ってる。



ずっとこのままならば。
僕が今まで生きてた事全てが余りにも惨め過ぎるじゃないか…



ヒトと愛し合いたい。
Alone....
2011年 07月 25日 (月) 22:18 | 編集
誰も助けてはくれない。

君は独り。


ずっと独り。



些細な言葉を勝手に約束に書き換えそれに期待を寄せてる君は。


だから独り。



ずっと独り。




いくつかの手をはね除けた君は。



だから独り。




ずっと独り。



これから先の少しの生活も君はずっと独り。
ずっと独り。

最期まで。
皐月文
2011年 05月 30日 (月) 11:46 | 編集
ちょっと心的に疲れてるので色々お休み…

その内何事もなかった顔で復活します。


心配して下さった方、ありがとうございます。
依存
2011年 04月 06日 (水) 20:52 | 編集
ずっと前。



僕はある人に凄く依存していた。

その人の事が心の中心で、生きてる意味だった。


そのお陰で、ある程度の事なら何でも出来たし。

何かに迷ったり、何かを決めたり、そういう時には全てその人を頼った。


本当に依存していた。

その人が居なければ生きていけない。


等とほざく程に。。



良くも悪くも…。



でもそれは、相手にとっては良くない事で。

その人からもそう言われ。


紆余曲折を経て、依存は終わりを告げた。


勿論、正確には依存出来なく成ってしまった。のだけれど。






元々、薬には依存しない様に心掛けてたから。
薬への依存は無かった。

医師に依存を懸念されてはいたけど。

効かなくなるのがとても怖かったから。


お酒を依存する程飲める心身では無いし。

煙草も思ってる程依存してはいない。


そして、良い主治医に巡り会えたけれど。

その先生にも依存する事は無かった。


っと言うより依存しない様にしていた。

所詮は医師と患者の関係でしか無くて。
ただの仕事なのだと。

そう言う意識で依存を避けた。


それのお陰か、その先生が転勤で関東に行ってしまう事が分かっても、ソコまでショックでは無かった。

あくまでも、思っていた程では…。。

次の先生どうしよう…
って思いが先に来た。

それでも、僕の最後の診察の時にはやっぱり凄く悲しかったけれど…



そして、昨日。
新しい主治医との初診察。
最悪と迄はいかないけれど、良い先生では無くて。
会計待ちの間に、ソーシャルワーカーさんに取り次いで貰い、別の先生に変えて貰うようにした。


でもやっぱり、前の先生が一番良い…







久しぶりの日記なのに何が書きたかったのか良く分かんないねコレ。
Nonaggression...
2011年 01月 24日 (月) 10:17 | 編集
言ってはいけない言葉。
伝えてはいけない言葉。

伝わってしまってはいけない言動。


距離を保って、近付き過ぎない。
でも、離れ過ぎていかない様に。


曖昧なバランスの上で、言葉を選びに選ぶ。

そんな曲芸紛いな事、僕には当然無理で。


結局何も伝えられない。
伝わらない。


語彙が広ければ、凄く遠回しに。でも、言いたかった事を的確に伝えられるのかもしれないのだけど。


僕にはその術は無くて。


何も言えない。
何も言わない。
何も思わない。
気にも留めない。

そんなのは到底無理で。


ジレンマに陥る。


侵してしまえば、最早修復は無理だから。


****…。
いつか夢に観たモノの断片
2011年 01月 12日 (水) 13:01 | 編集
ある時、彼が出掛けよう。っと言って。

久しぶりのお出掛けに、僕は大喜びで彼の言葉に賛同した。

久しぶりの彼とのお出掛けは、人間でごった返す場所だった。

半ば迄彼と一緒に進むと。

彼は「ちょっと待ってて」と残し、人混みの中に埋もれて行った。

僕は大人しく待っていた。
5分、10分、20分…

彼に何か在ったのだろうか?

30分、1時間、2時間。

段々と人間も疎らに成って行く。


また30分、1時間……

あれだけ居た人間が居なく成り。

彼への不安が募る。
同時に僕自身への不安も湧いて来る…

ただ、彼の「待ってて」っと言う言葉を忠実に遵守していた。


どれ位経っただろうか…


見知らぬ人間が僕に話しかけてきた。

「可哀想に、捨てられたんだね…」

何を言ってるんだ、この人間は…
そんな事は在る筈が無い。


…でも、彼が戻って来ないのだけは事実で…


僕を引っ張り上げようとした人間に牙を剥き、ただ彼が戻って来るのを待っていた。

ずっとその場所で…
誰かと言う曖昧な人
2010年 09月 13日 (月) 09:10 | 編集
何にも書く事が無い。

書ける事が無い。の方が正しいのかも知れない。

家に閉じ籠ってばかりいる訳では無いんだけれど…



以前行ってた作業所とは別の作業所(っと言ふか福祉施設)に今週仮体験してみる事になった。

あまり気乗りしないんだけれど、どうしたものか…


自分で自分が解らないから、本当にどうしたいのかが、全く解らない。

どう生きれば良いのか。
どう生きたいのか。
どう成りたいのか。
どうすれば良いのか。


全く見当もつかない。

本当こればっかりで嫌に成る。

希死念慮は以前と比べて、殆ど無い。

たまに、フッと死にたく成ったり、思ったりすることはやっぱり在るけれど。

それでも以前と比べれば格段に違う。


でも、それは生の肯定では無くて。

死ねないから生きてるってスタンスに変わりはない。

どうせ生きてるなら。
楽しい方が良い。
面白い方が良い。
楽な方が良い。
幸せな方が良い。


だけど…

僕は、自分自身の事が全く解らない。


色んな部分が壊れてる気がする。


思考・思想・感情・願望


僕に生き方を教えて下さい。

生きてく為の目標を。
生きる意味を。
夢を。

僕に教えて下さい。
与えて下さい。
導いて下さい。



自分で見つけなきゃいけないんだろうけど。

僕独りでは無理なんだ。


誰でも良くて、誰でも良くない誰かに…


愛を下さい。
愛して下さい。

誰でも良くない誰かに…
¬現実世界
2010年 07月 30日 (金) 23:31 | 編集
独り非現実な世界に取り残されてる気分だ。


どうして僕の生活は上手くいかないんだろう。


頑張れてた時期も今も。
何も変わらない。

頑張れてた時の方が精神衛生上良かっただけ。
その程度。


僕が望むがままに成れって思ってる訳じゃ無い。

一つ、ないし二つ。
思いが叶えば、僕は180度違う人生を生きられるのに。





他の人を見てると、凄くそう思う。

勿論、その人達にとって思い通り成ってはいないのも知ってる。


けれども、僕のよりは数万倍マシだ。
凄く羨ましいよ。

見ず知らずの人達に嫉妬してるのも。
馬鹿馬鹿しくて、くだらなくて、最低だと自覚しているけれどね。


例えば、好きな人でも出来れば生きる目的が出来るのだけれど…

あぁ、それだと唯の依存に成ってしまうか。



もし、僕に彼氏が居たら。僕の人生はどう変わっていたのだろう…。


僕に何故彼氏が出来ないのか。
全てに欠陥が在って尚且つ、行動力が無いから。


でも、こんな状況でどう行動すれば良いんだ。
嘔吐恐怖とか無ければ、もっと行動出来てたのに…


大体、皆どうやってたら付き合う相手が出来るの?

特に、男同士でなんでそんなに上手くくっついたり離れたり出来るの?


マンガの世界みたいなのばっかりで凄く非現実的だ。

それが現実。

…じゃあ僕のは?

それも現実。





人と接してるとこんな感情ばかり湧いてきてしまう。
そんな自分が嫌になって、くだらなくて、小さくて、自己嫌悪。醜い。



ねぇ。誰か。
僕をボロボロに犯して殺して…


彼氏欲しい…
イツカの結果
2010年 06月 29日 (火) 04:58 | 編集
僕にもイツカ彼氏とか出来るんだろうか…


生きてればイツカは…なんて言葉で濁し続けて。
もう10年位に成る。


恋愛だけが全てだ。
とは思わないけれど。


生き甲斐が何一つ無い人間は何を支えにして生きれば良いんだろう。


色んな事・物全部含めて何もかもが中途半端なんだ。

生かさず殺さず。
寧ろ飼い殺しなのかも知れない。


その首輪を握ってるのはきっと僕なんだ。


ナンデソンナニ生キテタイノ?
ナニモ無イ。
ダレモイ無イ。

アカルイ未来ナンテ微塵モ無イ。


惨めなだけだよ。
疲れるだけだよ。
苦しむだけだよ。

憐れだね。
生きてればイツカ…
諦めなければイツカ…
なんて。


今まで何も無かった奴にナニカなんて在る訳無いだろ。

学習しなよ。



結局お前は生きる事も死ぬ事も出来ない。下らない人間なんだよ。

10年後のお前もまた同じ事して同じ事を書いてんだよ。


そして、もう10年若ければなんて今と同じ事言ってるんだよ。


つまり、それだけ下らない人間でしか無いって事だよ。
三大欲求の破損
2010年 06月 28日 (月) 05:12 | 編集
数日腕立てと腹筋サボってたら妙にキツかった。

久しぶりにベットの中に居る。

先日はベットの上で膝掛けを躯に乗せて寝てただけ。

気持ち的にちょっと違うんだ。


どうして眠りたく無いのか、それが解んない。


PCから日記書こうと思いながら書けずにいます。




クーラーが死んじゃったので窓開けて扇風機付けてるんだけれど。
暑い…

雨も降りそうだし…
目が覚めたらカーテンがビショビショに成ってなきゃいいけど…


なんか腹筋し終ってから若干気分悪くて…

骸の調子も実はあんまり良くないのかも知れない。




なんか、、
欲求不満。

物欲的な意味で。
人的な意味で。
生的な意味で。
性的な意味で。。


淫靡な現実が欲しい。


僕から物欲を取ったら何が残るんだろうか…
ハウリング
2010年 06月 12日 (土) 13:41 | 編集
ある一つの言動。

そこから幾つもの枝別れをして。


その終着地が現在で。


選んで来たのは僕自身なのに。

どうしてこんなに苦しいんだろう。

どうしてまた辛さが戻ってくるんだろう。


こんな風に成るって分かってたら。
この道は決して選ぶ事は無かった。

先が見えないからこそ、微かな断片に必死にしがみついて。


でも結局そこには何の意味も無くて。

ただ独りでグルグルしてただけ。
一人相撲にすら成ってなかったそれは、滑稽と言うしかなくて。


やって来た事にも意味なんて最初から無くて。

僕がオカシイのかなぁ。
そういうのを乗り越えられない僕が変なのかな。


僕が生きてる意味は何なんだろう。


蓋をしてた筈なのに、どうしてまた溢れて来るんだろう。


死にたいのに。
親の事を思うと死ねない。
これは唯の言い訳なのかなぁ。


4時間掛けて持ち直した気持ちも。
早々と砕けてしまった。


削除出来れば良いのに。

消してしまう事が出来ないのは何故なんだろう。


書きたい事をちゃんと書けない。

話したい人に話せない。


僕の人生って何だったんだろう。

ねぇ。どれが正解だったんだろう。


何の意味なんて無かったよ。
何の意味なんて無かったんだよ。


その場限りの社交辞令を何度も本気にしたり。

パッと言った約束も、本気の本気の約束も。
たいした差なんて無いのに。

ずっと期待しては裏切られる事ばかりで。

冗談だったのに。そんな事も分かんないの?って。

だから何も期待しない様にするのに。
心の何処かで募る期待は制御なんて出来なくて。


そしたら僕も何も言えなく成っちゃって。

明日生きてるかどうかも分かんないんだ。

そんな僕の言葉は凄く薄い内容でしかなくなってしまう。
確約どころか約束すら出来ない。

"多分"とか"もしかしたら"とかそんな曖昧な言葉で濁すしか出来ない。


必要とされたい。
求められたい。
好かれたい。
愛されたい。


誰でも良くて。
誰でも良くない。


――――――――。
AM5:00
2010年 06月 11日 (金) 09:38 | 編集
日記なんて書いて何になるんだ。


全部消し去れば良いのに。
どうしてそれが出来ないんだろう。

何を書いても負け犬の遠吠えにしか成らない。

見てる人なんて皆無だ。


繋がりも感じない。


馬鹿みたいに垂れ流してるだけじゃないか。


また僕の思考の中に現れて来た。
いい加減にしてくれ。

自分で自分をどこ迄掻き乱せば気が済むんだ。


煙草も血も薬も何の足しにも成らない。
(OD・リスカ的な要素は全く含んでない)


どうすれば気が治まるんだろう。
何をすれば平穏になれるんだろう。

ダウナー回路にしか回らない。
でも、薬で思考を止めてしまうよりはマシだ。


死を選んだその時は、その時だ。
20080418
2010年 06月 11日 (金) 04:46 | 編集
人間関係というか。

人と関わる事が面倒臭く成ってくる。

違う世界の住人に成りたい。



実家からの電話に気付いても、用件が何と無く分かってたから出ずにいた。

次の日の朝に4度目の着信。

要らぬ不安要素を抱かせるのもアレだから出た。

繋がりは携帯だけ。
この機械が無ければどこで何をしてるのかも分からない。
生きてるのか死んでるのかさえも。


そんな直ぐに切れてしまう関係が多い気がする。

そしてそんな関係に振り回されてる下らない人間が此処にも一人。



ねぇ、全部壊してみようか?





2年前の未送信メール。
色の在る世界
2010年 05月 29日 (土) 12:35 | 編集
ただ、理解して欲しいとか。
愛して欲しいとか。

そんなのは傲慢でしか無いんだ。





欲求不満過ぎる。

キスしたい。
セックスしたい。

甘えたい。
甘え方なんて知らないけど。
そもそも、甘える相手なんて居ないけど。

無茶苦茶に犯されたい。
でも、優しくされたい。

痛みや苦しみを無く殺されたい。
快楽の絶頂の時に頭を撃ち抜いて。

飼われたい。
買われたい。


誰でも良いから。
でも、誰でも良くない。

矛盾。矛盾。
理想。現実。
非現実。

逃避。
空想。
妄想。

愛したい。
愛されたい。

いや、ただ愛されたい。

求められたい。
満たされたい。

自分本位の色情欲。



僕には何が足りないのだろう?
一言で言えば全てだ。

足りないモノだらけ?
ええ。

愛したい?愛されたい?
愛されたい。

誰に?
ワカラナイ。


ぐちゃぐちゃ

どろどろ

ムカムカ

グズグズ


心を埋めてくれる物質があればイイのに。


生きるのはしんどい…


※打ってる途中で眠ってた…
愛と憂いと。
2010年 05月 28日 (金) 05:54 | 編集
なんだか色々と矛盾してる…っと言うか。

なんか凄く特殊な気がしてきた。(思い上がりとかでは無くて)


ツイッターとか書いてる事がメチャクチャだ。
(分類が。ね。)


ゲイだなんだの言ったって、有名無実だし。

メンヘラだのも。
僕は神経症でしか無く。
不安と自律神経の異常から来る嘔気と言うただそれだけでしかない。
勿論、僕自身では辛い事この上ないんだけど。

辛く無ければこんな人生送って無いしね。
酒に酔う事も、やりたかった事も、出来ず。
件のゲイ云々にも言える事だ。


嘔吐恐怖なんて物が無ければ、もう少しマシな人生送れてたんだよ。

言ってて虚しく成って来た。
まぁ、絶対とは言えないかもだけど。
現状よりは良い筈だ。
嗚呼、脱線…


そして愛国・憂国。
愛国心とか、政、メディアのオカシイ所を言う。書く。思う。
そんな当たり前の事がこの国では奇異の目で見られる。


又、社会的地位が在る人と全く同じ事を言ってたとしとも。
僕みたいなのが言えばネトウヨ(笑)では終わってしまう。

まぁ、職も何も無い奴の言葉には正当性を感じないかもしれないが。

逆に、一般的な職に就いていても、馬鹿げた事ばかり言ってる奴だったり。
或いは全く興味も関心も持たなかったり。
若しくは、低俗なゴシップばかり信じてたり…

だけど、それはそれでどうよ?っと思うけど。
そんな事もやはり黙殺される。


んん…。
何が書きたかったのか解んなくなってしまった。

愛国心は特殊じゃないし。
特別僕の思考・思想は特殊じゃないよね!
ってのが言いたかった筈。

ゲイの有名無実については前々から、書こうと思ってたから。
何れ書くと思います。





都内でどっか雇ってくれる所無いかなぁ…

無いよなぁ…。

僕が雇う立場だったら考え間もなく否採用だわ。


何だか、また全てがどうでも良くなってしまうなぁ。

ワンコさんを撫で撫でしたい。
もう2ヶ月か…早いなぁ。
僕の言う事なんざ全然聞かなかったし。
色々とイライラさせられる事ばっかだったけれど。

やっぱり可愛くて、大事だったんだなぁ…って。

具合悪くなる少し前位に散歩に連れてってあげようかなぁ~なんて思いながら。
結局行かずに数日したら体調悪く成ってそのままだったんだけど。
思った時に連れてってあげれば良かった。。


撫で撫でしたい。





撫で撫でされたい。
彼氏欲しいなぁ。

人肌不足だ。
物心ついてからずっとだけど。

人に愛されたい。好かれたい。

一方的に好意を持つのだけはもう嫌だなぁ。

相思相愛って良いよね。


今付き合ってる人が居る人は大事にするべきだと思うよ。
浮気なんかせずにさ。

まぁ、仮に僕に付き合ってる人が居て。
後から付き合ってる人より数段好み(顔だけじゃなくね…)の人が僕に好意を持って現れたら揺れない自信は無いかも知れないけど。
その時は、どちらかをちゃんと選ぶ。

どっちもなんて器用な真似は出来ないし。
何よりも最低な行為だと思うんだ。
これは人の価値観によりけりだけど。

でも、NEWSなんかで見る度にそう思う。

取り敢えず浮気しまくりなリア充供は爆発すればいいよ。


もう6時前だ…
久しぶりに携帯で日記でも…
なんて軽く考えてたら約2時間も掛かった。
どうでもいい内容なのに。
微妙に眠気がするけど微妙な時間だ…
篭の中の.....
2010年 04月 10日 (土) 14:57 | 編集
お天気もそこそこいいのに気持ち悪さが治まらない。

デパス飲んだから。
さっきよりは大分マシなんだけど。


軽く近くをお散歩したい気分なんだけど気分悪い…


お腹空いててもご飯半分位しか食べれない。

半分以下でも気持ち悪くなる事多々。


こんなんでナニしてんだろーなっと思う。


ふと、中学の成績表とか見てみて尚更そう思ってしまった。


死ぬのも生きてくのも。
どちらも僕には。
ただ重くのしかかってるだけでしか無いんじゃないだろうか。

親にとっても。


そういえばまたいつの間にか徹夜なんてのが出来なくなってる。


目に見えて躯がおかしくて泣けてくる。
copyright (C) ボクノサイゴ.... all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。